kami-blog

髪質にあわせたトラブルを改善し、ヘアケア商品を紹介するブログ

梅雨のうねりの原因!1日持たせるストレートアイロンの使い方

f:id:ceresnotty817:20200918165657j:plain

加齢とともに、梅雨時期の「うねり」は強くなっていきます。どうすれば、髪をまっ直ぐにキープできるか?ストレートアイロンの使った方法で解消します。

天気が悪いと、ストレートアイロンで伸ばしたのに外へ出たらチリチリになる!

ワックスとかヘアオイルなんかを付けたら持つよ~

でも~時間がたつと、べた付いたりしない?しかも、ちょっとめんどくさい・・・

いやいや・・(-_-;)髪にあわせて何か、付けてあげないともたないから、マジで!

こんなおなやみにお答えします。


1・梅雨のうねりの原因!

まずは、髪のうねりの原因を説明します。早い人では30代半ばくらいから始まる「毛穴のゆがみ」が原因です。

想像してみて下さい。顔のたるみは、毛穴を引き締める力がなくなった肌におこりますよね?? それと同じことが頭皮にも起きるんです!

f:id:ceresnotty817:20200830152122j:plain



若いときは毛穴がまん丸なので、丸太のように太く均等に髪が生えますが毛穴がたるむと、丸にゆがみが生じるので髪がねじれます☟

f:id:ceresnotty817:20200830152132j:plain
その結果、【うねり】となってしまいます。

がんばってドライヤーかけてもセットが持たないわけだ~~

こんなに髪がねじれるんだね~~年はとりたくない!!

じゃぁ~どうしたらCMみたいな艶髪をキープできるのかな?

ストパーなんかかけたらどう?

そうですね。それもありかと思います!

お手入れは楽になるし、髪の表面のうねりを矯正して半永久的にまっすぐにするので、艶髪も夢ではありません!

f:id:ceresnotty817:20200830142402j:plain


個人的にはおすすめですが、2か月~3か月に一度はかけていないと、艶髪はキープできないし、白髪染めなんかと併用するには、ダメージや経済的にもイタイ( ;∀;)かもですね?


実際サロンでは、縮毛矯正がかかせない!よっぽどのくせ毛でないかぎり、ストパーなしで何とかしたいと思っている人が多いですね。


2・うねりにはやっぱりストレートアイロン

ふつう、髪の毛は湿気を与えると、うねりがでたりくせがでたりしますよね!でも、【熱の力】で(110度以上の熱をあてること)髪を形状記憶のようにまっすぐに伸ばすことができます。

【プレート】で挟み込むことで、根元から毛先まで整えることが可能。ドライヤーで乾かすだけでは、熱量が不足して伸びません。

でも、そんなに熱をあてたら髪が傷みそう!

アイロンの熱で「タンパク変性がおきるから、キューてクルが開いて 水分が逃げちゃうって」美容師さんがいってたよ。

じゃぁ~もっとパサパサになるってことだよね?!

キューティクルが傷つくと、トリ―トメントとかしても成分が髪にとどまらないみたいよ。

【タンパク変性】

髪の毛は約80%がタンパク質でできていますが、タンパク変性とは、アイロンの熱で、キューティクルが 髪が硬くなり、手触りはゴワゴワになることをいいます

でも安心してください!マイナスイオンのアイロン(保湿効果が高い)なら、タンパク変性を軽減しながらアイロンができます。

プレートのすべりがスムーズなので、髪が引っ張られることがありません。

スベリの良い挟みやすいアイロンはこちらプロ仕様の「ホリスティックキュア」

3・一日持たせるストレートアイロンかけ方のコツ

【重要ポイン4つ!】
①ヘアアイロンで挟む髪の分量を少なくする。
②わけとった髪を上に引き上げてからアイロンで挟む。
③毛先より根元のほうを長めに挟む。
④髪が引っ張られることなく、プレートのすべりがいいアイロンを使用する。

①ヘアアイロンで挟む分量を少なくする。

f:id:ceresnotty817:20200830152028j:plain

このように、下から順に上へあがっていきます。クリップでしっかりと止めると、毛束をはさみやすくなります。


②わけとった髪を上に引き上げてからアイロンで挟む

f:id:ceresnotty817:20200830152046j:plain


一度コームでとかすと、艶がでやすいです


③毛先より根元を長めに挟む

f:id:ceresnotty817:20200830152438j:plain


髪を持つ手は床に平行にあげてから、アイロンをかけると挟みやすく熱くなりにくいです。こうやって、下の方から順に上までかけてみましょう。

まとめ

◆ヘアアイロンのかけ方のおさらい◆ ①ヘアアイロンで挟む髪の分量を少なくする。
②ヘアクリップでキチンと分けとる。
③根元のほうをしっかり挟む。
④一部の髪が引っ張られることなく、プレートの すべりがいいアイロンを使用する。


【購入するときの確認!】

  • プレートの滑りがよい素材かどうか?(チタン・フッ素加工)
  • アイロンの重さや長さが扱いやすいか?
  • 髪をしっかり挟めるプレートの厚みはあるか?

あとはお財布と相談しましょう。

ではまた✋