kami-blog

髪を綺麗に改善していく方法を美容師が解説します。「くせ毛・抜け毛・白髪染め・シャンプー」

フケがでる理由「脂性肌・乾燥肌」あなたの頭皮はどっち?

今回はフケがでる理由と頭皮のタイプ「乾燥肌・脂性肌」について解説します。

フケを解消できる方法ってあるのかな?

ほら、あれあれ!「ミ〇ンとか、メ〇ット」なんかいいんじゃない? まえに、だれかがかゆみ止まったって言ってた気がする。

そんな時は、まず自分の頭皮が「乾燥肌・脂性肌」なのかを知ることが重要です。間違ったケアをすると症状をしずめることができません。


1・フケがでる理由「脂性肌・乾燥肌」あなたの頭皮はどっち?

<img src=”drink.jpg” alt=”フケがでる理由「脂性肌・乾燥肌」あなたの頭皮はどっち?”>

 

1-1・地肌ヘアサイクルの乱れ「乾燥肌」

地肌は、顔と同じようにターンオーバーを繰り返しています。 正常な場合は、約28日で古くなった角質が、目に見えないくらいの フケとなって剥がれていきます。

ですが、紫外線やパーマカラーの薬剤などの「外部刺激」と ホルモンバランスやストレスなどの「内部刺激」によって 、ヘアサイクルが乱れると、古い角質はふだんよりも増えてしまいます。

f:id:ceresnotty817:20200917111814j:plain

そのとき、水分が蒸発し、肌荒れや乾燥を ひきおこして、皮膚のバリア機能を低下させるんです。

そんな症状の地肌には、洗浄力の強いシャンプーは向きません。改善していく際には頭皮に強い刺激がないオーガニックシャンプーがあすすめです!


1-2・皮脂の分泌過剰による地肌のよごれ「脂性肌」

地肌にはつねに、「皮膚常在菌」というのがいます。 これらの菌は、頭皮の脂を栄養にして生きています。「皮膚常在菌」がバランスよくいるおかげ で、地肌の健康がたもたれています。

それが、シャンプーの洗い残し、または、洗いすぎなどで皮脂のバランスが乱れると、湿った白っぽいフケがでたり脂っこい地肌になったり、地肌の健康が保てなくなってしまいます。

f:id:ceresnotty817:20200917111800j:plain

地肌には適度な皮脂がなくなると、毛根が「脂をださなきゃ!!」と カン違いして、大量に脂がでるんです。その脂は地肌のよごれを吸収 しやすく、そのせいでベトベトするようになります。

1-3・その他の原因

❶耳後ろやオデコのはえぎわなどに、かゆみや赤みがさす場合はシャンプーの洗浄成分が強い場合が多く見られます。弱酸性で低刺激のシャンプーに変えましょう。


❷後頭部(あたま下~えりあし)がかゆいのは、シャンプーやスタイリング剤がよく落としきれてない場合、または、パーマやカラーなどの薬剤の刺激ということも考えられます。シャンプーやトリートメントのすすぎを丁寧にしましょう。


❸美容室でのカラーやパーマの薬剤などで、皮膚に強い刺激があり、数日間かゆみがでることがあります。

*サロンにはお肌を守る保護クリームやスプレー、ローションなど用意されています。敏感な部分に多めにつけてもらってください。

もし「炭酸泉」などがあれば、オプションでつけてもらうこともできます。カラーやパーマの薬剤残留を取り除いてくれますよ。

※「炭酸泉」とは、パーマやカラーなど、アルカリ剤の薬はシャンプーしても、髪や皮膚に数日残ります。髪は傷み、ゴワゴワになる理由がアルカリ剤。それをキレイに取り除いて、もとのコンデションに整えるのが「炭酸泉」の効果です。

2・「乾燥肌・脂性肌」でしちゃいけないこと 

・かゆいときに、爪でガリガリかかないこと!
・洗浄力が強いシャンプーはやめること!
・熱いお湯を地肌にかけないこと!38度以下で髪を洗う。
・シャンプー剤は、ボトルからダイレクトにつけないこと!
・スタイリング剤・トリ―トメントは地肌につかないようにすること!


軽い頭皮環境の悪化のほとんどは、シャンプーを「弱酸性」や「薬用」、「オーガニッツク」などに変えるだけで改善することもあります。

ただし、頭皮ケア用のシャンプーは髪の毛が乾燥しやすいので、洗い流さないトリ―トメントをつけたり、ヘアオイルをつけて保湿してあげましょう。


3・「乾燥肌、脂性肌」でしちゃいけない事

・かゆいときに、爪でガリガリかかないこと!
・洗浄力が強いシャンプーはやめること!
・熱いお湯を地肌にかけないこと!38度以下で髪を洗う。
・シャンプー剤は、ボトルからダイレクトにつけないこと!
・スタイリング剤・トリ―トメント類は地肌に、つかないようにすること!

とくに、シャンプー直後の頭皮は血流がよくなっており、かゆくなりやすいので出来るだけ時間をおかずに、ドライヤーで乾かしましょう。

フケがでる理由「脂性肌・乾燥肌」あなたの頭皮はどっち?:まとめ

いかがでしたか?繰り返しますが、「乾燥したフケ」は、洗浄力が強いシャンプーをさけて頭皮を保湿すること。「皮脂が付いたフケ」は、頭皮が油っこくなっているので、しっかり洗い落としてあげることが重要です。

「スキャルプシャンプー」スキャルプシャンプーおすすめ6選「頭皮環境を改善」や「頭皮ケア用ローション」など、乾燥肌又は脂性肌の、頭皮環境を整えてくれるアイテムの記事で参考にしてみてください。