kami-blog

くせ毛のエイジングケアを追求するくせ毛美容師のブログ

市販の白髪染めブローネ・ルミエストの口コミ・美容師が染めてみた

<img src=”drink.jpg” alt=”市販の白髪染めブローネ・ルミエストの口コミ・美容師が染めてみた”>

市販の白髪染めで、「明るく黒髪もよく染まる」と 評判のブローネ・ルミエスト1WBウォームブラウンを口コミします。

どのくらい明るい白髪染めができるのか?検証したくて「ブローネ・ルミエスト」で染めてみました。

この記事を書いている私は、美容歴30年の美容師です。いままで10万人以上のお客様を担当させていただいております。

ヘアカラーをされているクライアントの約7割は白髪染めをされていますので、しっつかり染めるコツについて、わりとリアルに伝えられると思います。


ブローネのカラ―は、ナチュラルブラウン・ベリーピンクなど全10種類ありますが、今回はウォームブラウンで染めました。

結果はキチンと明るく染めることができましたが、白髪は70%程度の染まり具合です。かえって白髪染めっぽく見えないのでいいかも?という感じ。

ちなみに私の肌は、化粧品でよくかゆみや赤みがでるので、皮膚科のヒルドイドを基礎化粧品かわりに使うくらい敏感肌です。

これから解説する「白髪染めのヒント」をぜひ実践してみて下さい。市販のヘアカラー初心者でも、カンタンにできるようになると思います。


1・市販の白髪染めブローネ・ルミエストの中身

<img src=”drink.jpg” alt=”1・市販の白髪染めブローネ・ルミエストの中身”>

各材料

★コームブラシ1本
★1剤と2剤(チューブ)
★トレー(薬を混ぜる用)
★ゴム手袋
★リペアトリートメント(シャンプーあと)
★使用説明書

※説明書は、思ってたより読みやすく分かりやすいです。

ヘアカラー 1WB ウォームブラウン [医薬部外品]
以下の添加物4つのフリー
パラベンフリー:防腐剤
ジアミン系色素フリー:強い化学薬品
鉱物油フリー:工業用の使い古した再利用油
ール色素フリー
となっております。

準備するもの
★汚れてもいいタオル1枚
★新聞紙、または、ビニールシート(床が汚れるので)
★ミラー
★ゴールドクリーム(おでこが汚れないようワセリンでOK)
★コットンかテッシュペーパー(すぐに拭けるように置いておきましょう。)


【補足】
★白髪染めは色味が濃いので、黒のTシャツなど汚れてもいい服を。なんなら家庭用ごみ袋を切って、広げて首にまいてもOK。

クリップ1本あると便利ですよ。カラー剤が塗りやすいし、塗ったところがハッキリわかります。

2・ブローネ・ルミエストで染めた手順

「ウォームブラウン1WB」 一番明るい白髪染め です。

<img src=”drink.jpg” alt=”2・ブローネ・ルミエストで染めた手順”>


❶❷❸ごとに、薬を作ることを推奨していますが、クリーム状で柔らかいため、一度に作っても大丈夫です。「髪が太くて多い方は、30分放置することをおすすめします。」とあります。

こんな風にすぐ混ざるやわらかいクリームです。

<img src=”drink.jpg” alt=”2・ブローネ・ルミエストで染めた手順”>

ここがポイント!


・前は白髪が目立つので、しっつかり塗れるようにクリップで分けておきます。

<img src=”drink.jpg” alt=”2・ブローネ・ルミエストで染めた手順”>

白髪の部分だけに薬を置きます。(毛先までつけるとダメージしやすいです。)

<img src=”drink.jpg” alt=”2・ブローネ・ルミエストで染めた手順”>

・根元に薬をぬったら、コームは立ててとかすのが基本!(薬剤が毛先にいかないように)

<img src=”drink.jpg” alt=”4・白髪染めブローネ・ルミエスト仕上がりの色”>
※コームを寝かせるのはNG!!(薬が毛先に持ってかれるので)

・特に白髪の多いところは、1センチくらいの幅で塗りましょう。

・最後はザックリでいいので、クロスにとって、もう一度なじませると塗りムラが防げます。

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”2・ブローネ・ルミエストで染めた手順”>



・塗り終わったら、ラップをかけましょう。

<img src=”drink.jpg” alt=”2・ブローネ・ルミエストで染めた手順”>

薬剤は乾いて しまうと染まりにくくなります

3・白髪染めブローネ・ルミエストの口コミ

デメリット:

  • 薬をまぜてから塗布がおわるまで、約25分くらいかかってしまいました。でもハケが塗りやすかったです。
  • 匂いは少しアンモニア臭がします。塗り終わるころには 揮発して(気体が飛ぶ)気にならなくなります。
  • しょうじき言うと、美容室のカラーの方が手触りは上です


*でもそれは仕方がありません。価格の違いは仕上がりの違いでもあります。

メリット:

  • 1番気にしてましたが、薬が頭皮に沁みることはありませんでした。
  • 一番明るいタイプで染めたので(ウォームブラウン1WB)本当に明るく白髪染めできました。8~9トーンレベル
  • キレイに塗ればきちんと染まるカラーだと実感! 白髪部分はうっすら色が入る感じです。
  • リペアトリートメントがとてもサラッさらで、ドライヤー をかけた後、髪にツヤがでる。
  • クリームタイプは柔らかく、ハケも塗りやすい
  • ブローネは価格はお手頃で白髪染めができる。
【カラー剤の分量について】
リタッチ(白髪が生えてきた根元)だけなら、髪が長くても足りると思います。

ロングで、初めて白髪染めをする場合、毛先まで塗らないといけないので1箱ではカラー剤が足りないと思いました。

4・白髪染めブローネ・ルミエスト仕上がりの色

【ビフォー】

<img src=”drink.jpg” alt=”4・白髪染めブローネ・ルミエスト仕上がりの色”>

白髪は全体の30%くらいです。


【アフター】

<img src=”drink.jpg” alt=”4・白髪染めブローネ・ルミエスト仕上がりの色”>

ブローネ・ルミエスト1WBのパッケージのカラーは、すこしピンクなのですが、仕上がったカラーはオレンジ寄りのピンクでした。

10日くらいして、色が馴染んできました。この価格で明るく白髪がそまるなら悪くないですね。

ブローネ・ルミエスト ベリーピンク

ブローネ・ルミエスト ナチュラルブラウン

ブローネ・ルミエスト クールアッシュ

ブローネ・ルミエスト マットアッシュ

5・市販の白髪染めブローネ・ルミエストで美容師が初めて染めてみた:まとめ

初めて市販の白髪染めをしましたがけっこう楽しかったです。最後に大事なポイントだけまとめておきますね。

最後に
  • 薬剤が地肌にベッタリ付くと、根元だけ色が明るくなるので注意!
  • 敏感肌の人は手袋をしたままシャンプーするべき!
  • 匂いが残らないように、2度洗いしましょう。
  • ヘアカラー前のパッチテストは必ず行いましょう。

お疲れ様です!ここまで、読んでいただきありがとうございました。白髪が増えれば増えるほど、自分で染めるのが難しくなっていきます。

もし参考になりましたら、今回の手順とコツを思い出してくださいね。