kami-blog

年齢を感じる髪へ「美容師がリアルに解説」ヘアケアブログ シャンプー・トリ―トメント・ヘアオイル・美容家電

市販の白髪染めブローネ・ルミエストで美容師が初めて染めてみた

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”市販の白髪染めブローネ・ルミエストで美容師が初めて染めてみた”>
市販の白髪染めで、「明るく黒髪もよく染まる」と 評判のブローネ・ルミエスト!

コロナの影響もあり、自分で染める人も増えたので、初めて、市販の明るい白髪染め「ブローネ・ルミエスト」で染めてみました。

カラ―の色は、ナチュラルブラウン・アッシュ・ベリーピンクなど種類も豊富です。

価格もお手頃なのですが、ブローネ・ルミエストで、たしてどのくらいどのくらい染まるのか?さっそく中身をみてみましょう。

ブローネLumiést(ルミエスト)/ (全10色)
●のびがよく、塗り広げやすいクリームタイプ
●セミロングヘア1回分
●放置時間 約20分
●残りは次にとっておけます


と書いてありますので、実際に染めたプロセス をすべて見て下さい。


ヘアカラー 1WB ウォームブラウン [医薬部外品]

以下の添加物4つのフリー
パラベンフリー:防腐剤
ジアミン系色素フリー:強い化学薬品
鉱物油フリー:工業用の使い古した再利用油
ール色素フリー

思っていた以上にラクにできたので、これから解説する「染め方のヒント」をぜひ実践してみて下さい。


1・市販の白髪染めブローネ・ルミエストの中身

<img src=”drink.jpg” alt=”市販の白髪染めブローネ・ルミエストの中身”>


中身

★コームブラシ1本
★1剤と2剤(チューブ)
★トレー(薬を混ぜる用)
★ゴム手袋
★リペアトリートメント(シャンプーあと)
★使用説明書

※説明書は、思ってたより読みやすく分かりやすいです。


準備するもの
★汚れてもいいタオル1枚
★新聞紙、または、ビニールシート(床が汚れるので)
★鏡
★ゴールドクリーム(おでこが汚れないようワセリンでOK)
★コットンかテッシュペーパー(すぐに拭けるように)
★タイマー(あれば)


【補足】
★室内でやる場合は、黒のTシャッツなどカラーが付いても大丈夫な服か、肩にビニールケープをつけると安心です。

★クリップ1本あると便利です。

2・ブローネ・ルミエストで染めた手順

今回はブローネ・エミネスト「ウォームブラウン1WB」 一番明るい白髪染め で染めました。

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”ブローネ・ルミエスト出染めた手順”>

「説明書通り」
・1剤・2剤の混合クリームを❶につける。
・❷もブラシ部分でつける。
・全体❸にもう一度、クシ部で馴染ませる。
・20~30分放置した。

※❶❷❸ごとに、薬を作ることを推奨していますが、薬が柔らかいので、一度に作っても大丈夫です。

※顔周りや耳、えりあしなどに、薬がついていたら拭きとっておきます。(着色と肌荒れ防止)

最後に「髪が太くて多い方は、30分放置することをおすすめします。」とあります。

こんな風にすぐ混ざるやわらかさ。

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”ブローネ・ルミエスト出染めた手順”>


ここがポイント!


・①のとき塗りやすいように、クリップで分けておき ます。

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”ブローネ・ルミエスト出染めた手順”>


白髪の部分だけに薬を置きます。(毛先までつけるとダメージしやすいので、白髪が気になる部分の根元を中心に付けた方がいいす。)


・薬を置いたらコームは立ててとかすのが基本!(均等に塗布できるのでムラになりにくい。)

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”ブローネ・ルミエスト出染めた手順”>




※コームを寝かせるのはNG!!(薬が毛先に持ってかれるので)

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”ブローネ・ルミエスト出染めた手順”>


・1センチくらいの幅で、塗りましょう。(塗りムラ 防止!)

・最後はザックリでいいので、クロスにとって、横にもう一度なじませる とGOOD!

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”ブローネ・ルミエスト出染めた手順”>



・塗り終わったら、ラップをかけましょう。

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”ブローネ・ルミエスト出染めた手順”>


薬剤は乾いて しまうと染まりにくくなります

3・白髪染めブローネ・ルミエストの口コミ

デメリット:
・薬をまぜてから塗布しおわるまで、約25分くらいかかり ましたが、
ハケが意外に塗りやすく、次回はもうすこし 早くできると思います。


・匂いは少しアンモニア臭がしますが、塗り終わるころには 揮発して(気体が飛ぶ)気にならなくなります。

・ただひとつ、ぶっちゃけプロの私には、美容室のカラーの方が手触りはいいです。(素人ではわかりづらいかも?)実際にいつも使用しているオーガニックカラーはコチラです。


メリット
・1番気にしてましたが、薬が頭皮に沁みることはありません でした。

・一番明るいタイプで染めたので(ウォームブラウン1WB)本当に明るく白髪染めできました。8~9トーンレベル

キレイに塗ればきちんと染まるカラーだと実感! 白髪部分は40%の染まり具合。

リペアトリートメントがとてもサラッさらで、ドライヤー をかけた後、髪にツヤがでる。

・ハケとお薬が塗りやすい

【薬の分量について】
リタッチのみ(白髪が生えてきた根元)なら、髪が長くても薬の分量は十分足りると思います。

セミロングやロングで、初めてカラーをする場合は統一感を出すのに、毛先まで塗らないといけないので1箱では足りないだろうと思いました。

かなり毛量が多い人も、後ろ半分を塗るには足りないかも 知れないので、前半分だけ染めるくらいに考えていた方がいいです。

 

4・白髪染めブローネ・ルミエスト仕上がりの色

【ビフォー】

 <img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”白髪染めブローネ・ルミエスト仕上がりの色”>




【アフター】

 <img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”白髪染めブローネ・ルミエスト仕上がりの色”>


ブローネ・ルミエスト1WBのパッケージの色は、すこしピンクなのですが、仕上がった色はオレンジ寄りのピンクでした。

10日くらいして、色が馴染んできました。この価格でここまで明るくなるなら悪くないですね。

白髪の染まり具合は70%くらいでした。

【使った人の口コミ】

評価★★★★★
・箱の写真がかなり明るくて心配でしたが、ほどよい明るさでした。
・光があたるとキレイな柔らかみのあるブラウンになります。
・クリームなので液ダレなし。
・染めた後はゴワゴワせず、ツヤ感もあります。
・また、リピートしようと思います。


こちらの口コミと同じように、写真ほど明るくはありません。

評価★★★
・入っているブラシが使いやすかったです。
・ちょっと色落ちが早いかも?と感じました。


たしかに、色落ちは少し早めですが、この価格ならサロンのカラ―より色がぬけるのが早いのは仕方ない!

評価★★★★
・もとの地毛が暗いので、明るくなりすぎないか?心配でしたが
 個人的にはちょうどよく、わたしには白髪染めに見えないくらいの自然なブラウンです。
・使いたい分だけ、残りは取っておけるのがよかった。
・美容院にいくまでのつなぎに便利です。
・髪がきしまないので、また使用します。


コチラの口コミどおり、サロンへ行くつなぎに最適だと思います。

評価★★
・普段、泡のタイプを使っていますが、明るめにしたくて使用しました。
・長さは鎖骨くらいまでのボブですが、1箱では足りませんでした。
・思ったほど明るくはなりませんでした。


からくちな口コミですが、実際「ロングで毛先まで染めたい。」「肩くらいの長さで、太くて多い広がりやすい」髪にはきびしいです。

根元だけ、前の方だけとかなら、2回はいけますが・・・

評価★★★★★
・いつもは泡タイプを使用しているので、クリームタイプは面倒かと思いきやクリームが柔らかいのと、ブラシが塗りやすくて私でも上手く染められました。
・仕上がりはパサつくことがなくて、色も明るすぎないのでツヤがでました。
・これなら他の色も試してみたいと思います。



口コミで多かった意見は、写真の髪色よりは、落ち着いた仕上がりになったといわれていますね。

白髪染めっぽくみせたくないなら、このレベルの色は向いてそうです。

ブローネ・ルミエスト(全10色) ベリーピンク・クールアッシュ・シフォンブラウンなど

5・ブローネ・ルミエストまとめ

初めて市販の白髪染めをしましたが、けっこう楽しかったです。

ブローネ・ルミエスト(全10色)は色選びに迷うかもしれません。市販の白髪染めコツ(クリーム編)+色選びでイメージが変わる!
参考にしてください。

 

最後に
・薬が地肌にベッタリ付くと、根元だけ色が明るくなるので注意!
・敏感肌の人は手袋をしたままシャンプーするべき!
・匂いが残らないように、2度洗いしましょう。
毛先まで一気に染めたい人は、クリームタイプより泡タイプ
・パッチテストは必ず行いましょう。



お疲れ様です!ここまで、読んでいただきありがとうございました。