kami-blog

年齢を感じる髪へ「美容師がリアルに解説」ヘアケアブログ シャンプー・トリ―トメント・ヘアオイル・美容家電

95.3%自然由来「COCUU コキュウ メロウバーム 」ワックスを美容師が口コミ

<img src=”drink.jpg” alt=”95.3%自然由来「COCUU コキュウ メロウバーム 」ワックスのレビュー”>


 ヘア&ハンド&リップに使える、95.3%自然由来「COCUU コキュウ メロウバーム 」ワックスの口コミです。

乾燥してヘアオイルだけでは物足りない髪に、やさしい「オーガニック認定成分」配合のバームタイプのワックス。

お出かけ前につけておけば、1日中うるおいます。

1・コキュウ メロウバーム のメリット・デメリット

できるだけ実際に使用したとき感じたレビューです。

デメリット
・スタイリングワックスの固さを求めるなら✖。
柑橘系の香りが苦手な方には向きません。
・95.3%自然由来になっていますが、製品作りのためアルコールから できた油性成分は入っている。(肌を柔らかくするエモリエント作用)
メリット
・ヘアセットだけでなく、ヘア&ハンド&リップに使える。
・朝つけてから夜まで、しっとり・まとまりをキープ。
アホ毛直しにもGOOD!
・ミツロウをはじめ「20種類以上」の植物オイルは、自然なツヤ感あり。
・スタイリング剤ほど固くはないですが、髪に動きを与えるセット力がある。

2・バームの質感と使用感

テカらない自然なツヤのでるワックス!ミツロウが入っているバームタイプです。

指ですくったときは 「固いのか?」と思いきや、手の平にのせるとじんわり溶けるタイプ 。

香りはオレンジ油、パチョリ油、レモン果皮油、ユーカリ油、セイヨウハッカ油などの オイルからなる柑橘系の爽やかな香りです。

固くないセット力は実際こんな感じです。

<img src=”drink.jpg” alt=”95.3%自然由来「COCUU コキュウ メロウバーム 」実際の画像”>

ポイント! ★ふつうのワックスみたいなベタつきがない

指通りがいい

★毛束感を出したいとき、ダマにならない

★香りにいやされる

3・バームワックスの3つのタイプを比較

<img src=”drink.jpg” alt=”「COCUU コキュウ メロウバーム 」ワックス比較”>

【左画像】:ビーセーリエ マカロン バターを詳しく見る
【真ん中】:コキュウ メロウバーム
【右画像】:プロダクト ワックスを詳しく見る

商品名 マカロンバター コキュウ メロウバーム プロダクトワックス
質感   柔らかめ      柔らかめ      やや硬め
ツヤ   〇        〇         ◎
香り  柑橘系       柑橘系       柑橘系
価格  1540円       2520円       2079円

サロン内で1か月ほど使用しましたが、男女問わず香りに癒されたといわれました。

4・商品情報

【全成分】
パルミチン酸エチルヘキシル、ミツロウ、セテアリルアルコール、パルミチン酸デキストリン、キャンデリラロウ、マイクロクリスタリンワックス、水添ナタネ油アルコール、カルナウバロウ、ラネス-5、イソノナン酸イソノニル、イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス、有賀のスピのさ核油、アストロカリウムムルムル種子油、ホホバ種子油、オリーブ果実油、アロエベラ液汁、シア脂、マカデミア種子油、アボガド油、メドウフォーム油、バオバブ種子油、アーモンド油、スクワラン、ダイズ種子油エキス、γ-ドコサラクトン、トコフェロール、シクロヘキサン-1、4-ジカルポン酸ピストキシジグリコール、オレンジ油、パチョリ油、レモン果皮油、ユーカリ油、セイヨウハッカ油、アオモジ果実油、チョウジ葉油、イタリアイトスギ葉/実/茎油、ビターオレンジ葉/枝油/香料、PPG-3カプリリルエーテル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェト、
シクロペンタシロキサン、水、ベヘントリモニウムメトサルフェート、セバシン酸ジエチル、BG、エタノール、セタノール

※ナチュラルなしっとり成分

5・まとめ

いかがでしたか?スタイリング剤としてワックスを使用するのに しなやかさ・自然なツヤ・柔らかいセット力をもとめる人におすすめします。