kami-blog

くせ毛のエイジングケアを追求するくせ毛美容師のブログ

COCUU コキュウ メロウバーム 口コミ【93.5%】自然由来

<img src=”drink.jpg” alt=”COCUU コキュウ メロウバーム の口コミ「使い方」まで”>


ヘア&ハンド、リップに使える、95.3%自然由来「COCUU コキュウ メロウバーム 」ワックスの口コミです。

乾燥してヘアオイルだけでは物足りない髪に、「オーガニック認定成分」配合のバームタイプのワックス。1日中爽やかな香りで癒してくれます。

オーガニックのオイル成分が髪のまとまりを良くし、広がるくせ毛も抑えます。

この記事を書いている私は、美容歴30年の美容師です。
いままで10万人以上のお客様を担当させていただいております。
実感したので、わりとリアルに伝えられると思います。


コキュウメロウバームに類似した、人気のバームワックスを比較したい方は「 バームの使い方「短く切って広がるくせ毛」にヘアバーム6選」で見ることができます。

1・コキュウ メロウバーム のメリット・デメリット

自然由来95.3%のcocuuメロウバームの評価をしてみました。

デメリット
・スタイリングワックスの固さを求めるなら✖。
柑橘系の香りが苦手な方には向きません。
・95.3%自然由来になっていますが、製品作りのためアルコールから できた油性成分がちょっとだけ配合されています。(肌を柔らかくするエモリエント作用のため)
メリット
・ヘアケアだけでなく、ハンド&リップにも使える。
・朝つけてから夜まで、しっとり・まとまりをキープ。
アホ毛直し、くせ毛にもGOOD!
・ミツロウをはじめ「20種類以上」の植物オイルは、自然なツヤ感あり。
・スタイリング剤ほど固くはないですが、髪に動きを与えるセット力がある。

2・コキュウ メロウバームの成分詳細

生コラーゲン配合」:保湿力に優れた天然のクラゲ由来の生コラーゲン【エミーヌ】は、まとまりのある毛髪に。

「6種類のオーガニック認定成分」:アルガニスピノザ核油・ホホバ種子油・アルトロカリウムムルムル種子油・オリーブ種子油・アロエベラ液汁・セサミ油

ダイズ種子エキス配合」(女性ホルモン様作用):保湿成分

オイルケラチン」(毛髪補修):ダメージした髪に、タンパク質と脂肪酸を補充し髪の強度を高めます。

「10種類の自然植物オイル」「UVカット・キューティクルケア」


香りはオレンジ油、パチョリ油、レモン果皮油、ユーカリ油、セイヨウハッカ油などの オイルからなる柑橘系の爽やかな香りです。

【全成分】※自然由来のしっとり成分

パルミチン酸エチルヘキシル、ミツロウ、セテアリルアルコール、パルミチン酸デキストリン、キャンデリラロウ、マイクロクリスタリンワックス、水添ナタネ油アルコール、カルナウバロウ、ラネス-5、イソノナン酸イソノニル、イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス、アルガニアスピノサ核油、アストロカリウムムルムル種子油、ホホバ種子油、オリーブ果実油、アロエベラ液汁、シア脂、マカデミア種子油、アボガド油、メドウフォーム油、バオバブ種子油、アーモンド油、スクワラン、ダイズ種子油エキス、γ-ドコサラクトン、トコフェロール、シクロヘキサン-1、4-ジカルポン酸ピストキシジグリコール、オレンジ油、パチョリ油、レモン果皮油、ユーカリ油、セイヨウハッカ油、アオモジ果実油、チョウジ葉油、イタリアイトスギ葉/実/茎油、ビターオレンジ葉/枝油/香料、PPG-3カプリリルエーテル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェト、
シクロペンタシロキサン、水、ベヘントリモニウムメトサルフェート、セバシン酸ジエチル、BG、エタノール、セタノール

3・COCUU コキュウ メロウバーム口コミ:まとめ

いかがでしたか?コキュウ メロウバームは、スタイリング剤に しなやかさ・自然なツヤ・柔らかいセット力をもとめる方におすすめします。

スタイリング用バームでありながらも、頭皮・肌のケアにもこだわったワックスなので、ナチュラルなスタイリング剤を使用したい方にぜひおすすめします。