kami-blog

くせ毛をキレイにしたい!40歳からの髪質を美しくするヘアケア剤の選び方

ナプラインプライムシルキーモイスチャーシャンプー美容師のレビュー

こんにちはスタイリスト歴30年のShinです。

今回はナプラのインプライム シルキーモイスチャー シャンプー ベータ(しっとり)を使ってみたレビューをします。

シルキーモイスチャーは、髪と頭皮をやさしく洗い上げるダメージケアシャンプー。

天然シルクの力で、うるおい・ツヤ・しなやかな仕上がりです。


読みたい所へジャンプします。

1, インプライムシルキーモイスチャーシャンプーの特徴

<img src=”drink.jpg” alt=”1, インプライムシルキーモイスチャーシャンプーの特徴”>

天然シルクから抽出した保湿力の高いシルクプロテイン配合で、潤いのある柔らかな質感に導きます。

キメ細かい濃蜜泡でやさしく洗い上げ、毛髪補修成分の浸透をよくします。

1-2, シャンプーをおすすめしたい人

「パサつく髪をしっとりさせたい。」「くせ毛、うねりがまとまらない。」こんな方へ。

おすすめの人

✅くせ毛で広がりやすいショートヘア。

✅パーマ、カラーで傷んでいる。

✅シャンプー中髪が絡まる。

✅パサついた髪をまとまり良くしたい。


ダメージ、エイジングケアシャンプーとして作られているので、髪が痩せてきたり、うねりが出はじめた人にもおすすめです。

2, インプライムシルキーモイスチャーシャンプー使用感

シルキーモイスチャーベータはダメージケアシャンプーですが、ブリーチ毛のようなダメージレベルの高い傷みには向きません。

2-1, シャンプーのデメリット

【デメリット】

・シャンプー後流すとき、ちょっとだけヌルつきを感じます。

・泡立てすぎると泡ギレが悪くなります。


ヌルつきを感じるのは、アミノ酸系だからです。

洗浄力がマイルドで髪肌にやさしい分、きしむような強い洗浄成分ではありません。

2-2, シャンプーのメリット

【メリット】

・泡だちがよい。

・きしまず、なめらかに洗いあがります。

・パサつきを抑えしっとり潤います。

・少量でも泡立ちがいいのでコスパ良し。


ふつうアミノ酸系シャンプーは、アルコール系シャンプーなどにくらべて泡立ちが良くないといわれますがそんなことはありません。

天然シルクから抽出されたタンパク質が、キューティクルを滑らかにコーティングしてくれるので、サラサラとした質感にしてくれます

シャンプーの価格は、280ml:¥2000 ショートヘアなら約2か月使用したとして、1日¥33,3となります。

3, インプライムシルキーモイスチャーシャンプーの成分

3-1,洗浄成分

髪と頭皮にやさしい「ラウロイルシルクアミノ酸K」という洗浄成分です。

髪肌にやさしい処方なので、髪本来の水分、油分をとり過ぎず、しっとりとした感触に洗い上げます

3-2, 注目のダメージケア成分

シルキーモイスチャーには、「加水分解ガゼイン」というタンパク質(毛髪保護剤)が配合されています。

傷んだ髪に吸着して髪を修復、毛髪保護剤として使用されます

<img src=”drink.jpg” alt=”3-2, 注目のダメージケア成分”>

健康な髪にはタンパク質がみたされていますが、傷んだ髪にはこんなにタンパク質がないので、つねに補充しないといけません

ダメージケア成分

【保湿効果】アルガンオイル、オーガニックオイル 

【毛髪補修成分】加水分解ガゼイン(牛乳) 

【毛髪保護】加水分解シルク 


加水分解シルクの働きは、損傷した髪に皮膜を形成します。

だから、髪と髪の摩擦をなくし、潤いをキープする効果があります。

【シャンプーの全成分】
水、ラウロイルシルクアミノ酸K、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、BG、加水分解カゼイン(牛乳)、シア脂、加水分解シルクアルガニアスピノサ核油トレハロースヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ハイブリットサフラワー油、ダイズ種子エキス、 イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、ヒメフウロエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-51、 (メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ノバラエキス、ラベンダーエキス、ローズマリーエキス、タイムエキス、 セイヨウノコギリソウエキス、セージエキス、セラミド2、コレステロール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ココイルアルギニンエチルPCA、 クオタニウム-18、クオタニウム-33、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PEG-20ソルビタンココエート、ポリクオタニウム-10、グリセリン、DPG、PG、 クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

4, インプライムシルキーモイスチャーシャンプー解析

4-1, 泡立ちの良さ

シャンプーをつけてから、すぐに泡立ちはじめます。

きめ細かいクリーミーな泡なので、摩擦なく髪と地肌をやさしく洗浄します。

もし、泡がもったりし過ぎたら、軽くお湯をかけると洗いやすくなります。

4-2, 仕上がり

シルキーモイスチャーというだけあって、ドライヤーで乾かしているときから、サラサラ感があります。

よくをいえばツヤ感がイマイチですが、しなやかな手触りにはなっています。

シルキーモイスチャーは「しっとりタイプ」 なのですが毛先はまとまり、根元がふんわりとしています。

4-3, フローラルな香り

わたしには「ユリ」か「スズラン」の花を人工的にしたような香りがします。

香り自体は強くはありませんが、自然植物の香りではないです。


トリ―トメントは、ほのかにリンゴかグレープフルーツで、シャンプーの匂いは消えます。

5, インプライムシルキーモイスチャーシャンプ総合評価

総合的には★3,94点となりました。

理由はしっとりまとまること。マイナス面は人工的な香りと泡ギレがやや悪いことです。

  シルキーモイスチャー
泡立ち ★4点
香り ★3,2点
洗浄力 ★3,5点
泡ギレ ★3,5点
しっとり感 ★4,4点
まとまり感 ★4,5点
仕上げの手触り ★4,5点
コスパ 普通のサロンシャンプー並み

6, インプライムシルキーモイスチャーシャンプー特におすすめな髪質

ショートヘアからミディアムの「強くないくせ毛。」


ロングヘアなら「ボリュームがない細い髪質。」


くせ毛の広がりやうねりを落ちつかせたい人に向いています。

加齢とともに、髪にハリ・コシがない感じる人には、髪がしっかりするのでセットがしやすくなります。

ブリーチ毛や縮毛矯正するほどくせの強い人には向きません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

とにかく、しっとり髪をまとめたい人に一度は試してほしいです。

ただ、頭皮がオイリーな人は、アミノ酸系のシャンプーは、重くなるのでおすすめしません。

あくまで、弱いくせ毛、うねり、広がりに効果的なダメージケアシャンプーです