kami-blog

年齢を感じる髪へ「美容師がリアルに解説」ヘアケアブログ シャンプー・トリ―トメント・ヘアオイル・美容家電

短く切って広がるくせ毛にバームワックス4選+使い方

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”短く切って広がるくせ毛にバームワックス4選+使い方”>


くせ毛を短く切ったら、髪が広がっちゃう!リッチなトリ―トメントを 使っているけど、髪が乾くとやっぱり膨らむ!できれば、ボサボサなショートヘアが決まるバームワックスが知りたい。

本記事の内容
・短く切って広がるくせ毛にバームワックス4選
・短くきったショートヘアの、バームワックスの使いかた
・頑固なくせ毛のショートには、+ヘアオイルを使用

この記事を書いている私は、美容歴30年の美容師です。
いままで10万人以上のお客様を担当させていただいております。
その8割がくせ毛のお客様です。なにより私自身がくせ毛でショートなので、わりとリアルに伝えられると思います。


では、くわしくみていきましょう。

1短く切って広がるくせ毛にバームワックスがいい理由

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”1くせ毛ショートにワックスをおすすめする理由”>

くせ毛は短く切ってすぐは、馴染まないので広がりやすくなります。

そんな髪には、 まとまり感をだすセット力+保湿力で抑え込むことが楽になります。

つねに乾燥しているくせ毛は、 ストレートな髪より水分量がすくなく、保湿してもキープ力もない。


その結果、朝ちゃんとセットしたのに、髪がふくらむのは そのせいです。

【ふつうのスタイリングワックス】
増粘剤・シリコーン・水酸化ナトリウム・高級アルコール・エステル・ロウ など、粘度のある成分が多いので、スタイリング剤としては適していますが、くせ毛には潤いが足りません。

*柔らかさやツヤ感はあまりでにくい。
*べたつきが、くせ毛のスタイリングをむずかしくしてます。


スタイリング用のワックスは、比較的、油分が少なく水分もあまりないので、すぐに髪がパサついてしまいます。

つまり、くせ毛のショートをまとめるには、髪を潤すタイプのバームワックス選びが重要ポイント!

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”1くせ毛ショートにワックスをおすすめする理由”>


水分をキープする、エモリエント効果で髪のベースを整えます。

髪にツヤとうるおいを与えるバームワックスは、一番伸びが良く使いやすい!

【バームワックスは自然由来のオイル】
シアバター・ミツロウ・シア脂・ホホバ種子油・アーモンド油・バオバブ種子油・アボカド油・マンダリンオレンジ果皮脂、オレンジ果皮脂、ベルガモット果皮脂など

*油分が多く柔らかい仕上がりになる。
*乾燥から髪をまもる、保水性のオイルもたくさん。

2広がるくせ毛にバームワックス4選

くせ毛のカールを活かしたり、アイロンした髪をキープしてくれるのがバームワックス!自然由来の成分が髪と肌にやさしい成分でできています。

セット力あり「ツヤ・ウエット感」タイプを厳選しました!

EARTHEART(アースハート)オーガニック ナチュラル バーム


・自然なツヤ感とソフト、まとまりにキープ力あり。
(軽い動き~ウエット感あるスタイリングまで)
・男女兼用のシトラス・レモン・グレープフルーツなどの香り。
・自然由来原料のみ使用、ハンド・ボディにも使用できる。

【成分】:オリーブ油、ミツロウ、シア脂、ホホバ種子油、ベルガモット果実油、 オレンジ油、グレープフルーツ果皮油、レモン果皮油、ライム油、トコフェロール


N.エヌドット ナチュラルバーム 

ソフトな動き、空気感のある仕上がり。
・髪のうるおいを保ち、セット力は弱め
・シアバターがベースの自然由来原料のみバームワックス。
・マンダリンオレンジ&ベルガモットなどシトラスの香り。 長時間香りは残りません。

【成分】:シア脂、ホホバ種子油、ミツロウ、シア脂油、マンダリンオレンジ果皮脂、 オレンジ果皮脂、ベルガモット果皮脂、パルマローザ油、ビターオレンジ葉/枝油、アルテミシアパレンス花/葉/茎油、トコフェロール


ザ・プロダクト ワックス 


セット力は弱め、広がりを抑えるキープ力あり。
・自然由来原料のみ、リップ、ネイル、ボディにも使用できる。
・シアバターがベースの自然由来原料のみバームワックス。 
・しっかり柑橘系の香り(マンダリンオレンジ果皮油) 一日中香ります。

【成分】:シア脂・ミツロウ・トコフェロール・マンダリンアレンジ果皮油・ アロエベラ液汁


kanel(カネル)ヘアワックス

セット力は弱め、自然なツヤ感、毛束感は作れます。
・天然由来の(シアバター・ムルムルバター・クプアスバター)
・保湿力が高く、ツヤ、潤い、ダメージ補修まで。
・パサつきを抑え、まとまりにキープ力あり。

【成分】:シア脂・ヤシアルキル・ミツロウ・グレープフルーツ果皮油・ アストロカリウムムルムル種子油・テオウロマグランジフロルム種子油・ アルガニアスピノサ核油・ホホバ種子油・メドウフォーム-δ-ラクトン・ ヒマワリ種子油・ラベンダー油・ニオイテンジクアオイ油・ マンダリンオレンジ果皮油・ローズマリー葉油・トコフェロール

3短く広がるくせ毛を抑えるバームワックスの使い方

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” くせ毛のショートバームワックスの使いかた”>
バームワックスは手に取ると硬めですが、じっさいに手の平で じんわり溶けるのでよくのびます。

こんな風に

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” くせ毛のショートバームワックスの使いかた”>

ツヤ感がありますよね。このように、手の上でとかしてから、髪全体にまんべんなく伸ばせば、ダマにならずにつけることができます。

細い髪質で、ショートのくせ毛なら、このくらいの分量で丁度いいと思います。

ミディアムのくせ毛の場合は、1.5~2倍いります。

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” くせ毛のショートバームワックスの使いかた”>

2倍で丁度、良い仕上がりになりました。

セット力はありませんが、毛束感、動きはちゃんとでています。

【注意点】
・両手の平と5本のゆびにも、しっかりバームワックスを馴染ませてから、髪につけましょう。

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” くせ毛のショートバームワックスの使いかた”>


大抵のバームワックスの容量は約50g前後、でも2か月以上は余裕で持ちますよ。

4頑固なくせ毛のショートヘアには+ヘアオイルを使用

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”3「バームワックス+ヘアオイル」はくせ毛ショートに最強!”>

スタイリングには、バームワックスは外せないアイテムですが・・・さらに、ヘアオイルとのダブル使いは、セットが長持ちします。

なぜなら、ヘアオイルは髪にしっとり感を与えて髪の土台をつくるから。

ダブル使いをすることで、 ガンコなくせ毛を自然に抑え込むことができます。

やり方は、とてもシンプルです。

❶シャンプーあとの濡れた髪に、ヘアオイルをつけて、ドライヤーで乾かす。
❷乾いたら、バームワックスをつけてスタイリングをする。

たったこれだけです。

無くても大丈夫ですが・・とはいえ、 ツヤ・くせを抑える・潤いすべてを手に入れたい方に、下記の記事を用意しました。>>くせ毛のショートにおすすめのヘアオイル20選

5短く切って広がるくせ毛にバームワックス4選:まとめ

お疲れさまでした。重要なので、くりかえしになりますがこの3ステップです。

・シャンプー後、濡れた髪にヘアオイル。(コームでとかす)
・根元から毛先へ乾かす。
・バームワックスを髪全体につける。


たったこれだけ。でも、スタイリング剤選びに失敗する人はけっこう多い。

それは、保湿や油分の足りないスタイリング剤を使用している可能性が高い。

結局、お手入れをしていても潤いが足りないと、ヘアスタイルをキープできなくなります。