kami-blog

くせ毛をキレイにしたい!40歳からの髪質を美しくするヘアケア剤の選び方

バームの使い方「短く切って広がるくせ毛」にバームワックス8選

<img src=”drink.jpg” alt=”バームの使い方「短く切って広がるくせ毛」にヘアバーム8選">

「髪を短く切ったら、広がった!ヘアオイル使っても膨らむ!」そんなくせ毛のショートヘアに、おすすめバームワックスと使い方を解説します。

この記事を書いている私は、美容歴30年の美容師です。いままで10万人以上のお客様を担当してきました。

今回はくせ毛ショートのスタイリングに、使いやすいバームワックスを厳選しました。

バームの種類が多すぎて「どれを選んだらいいかわからない。」という方は必見です。ぜひチェックしてみて下さい。


記事の内容
1短く切って広がるくせ毛にバームワックスがいい理由
2くせ毛に使いやすいバームワックス8選
3広がるくせ毛を抑えるバームワックスの使い方
4バームの効果的な使い方はヘアオイルとWで使う
5バームの使い方「短く切って広がるくせ毛」にバームワックス8選:まとめ

1短く切って広がるくせ毛にバームワックスがいい理由

くせ毛を短く切ってすぐは、髪の毛が馴染まずに広がりやすくないですか?

バームワックスを使うと、このようにツヤ感をもたせながら、毛先までまとめることができます。

<img src=”drink.jpg” alt=”1短く切って広がるくせ毛にバームワックスがいい理由 ">


なぜ、バームワックスを使うとパサついた髪がまとまるのでしょうか?

そもそも短いくせ毛が、広がる、膨らむ、パサつくのは髪が乾燥しているから・・

<img src=”drink.jpg” alt=”1短く切って広がるくせ毛にバームワックスがいい理由”>


じゃあ、その乾燥した髪の毛をしっとりさせるには、高保湿のシアバターやミツロウ配合のをバームワックスを使うことです。

もともと、くせ毛はストレートヘアより水分量がすくなく、毛先までまとまりにくいですからね。


シアバター(シア脂)

シアの木から採れる油脂で、酸化に強いビタミンEが豊富なオイル。

<img src=”drink.jpg” alt=”1短く切って広がるくせ毛にバームワックスがいい理由”>


アフリカなどの熱く乾燥した地域でも、しっかり育つので保湿効果はバツグン! だから、乾燥して広がる髪でも、長時間おさえてくれます。

それに、ヘアオイルにはないしっとり感を得られます。 髪はツヤツヤ、触るとサラリとして快適です。

紫外線から髪をまもり、ダメージも防いでくれます。

シアバターが入ったバームは、テクスチャーがわりと柔らかめのものが多いです。

ミツロウ

ミツロウはみつばちの巣から採れるビーズワックスとよばれます。

この成分が保湿効果を保ち、髪やお肌を やわらかい手触りにしてくれるのです。

<img src=”drink.jpg” alt=”1短く切って広がるくせ毛にバームワックスがいい理由”>


ハンド&ボディクリーム、リップクリームなど幅広く使用されています。

だから、市販のワックスよりベタベタしないので 髪になじみやすく、スタイリングがしやすいのも嬉しい。

乾きにくい性質なので、 ウエットヘアや自然な毛束感がカンタンにできます

ミツロウが入ったバームはわりと固形タイプのワックスに多く、手の温度であたためて伸ばしてからスタイリングします。

【その他の自然由来うるおい成分】
シアバター・ミツロウ・ホホバ種子油・アーモンド油・バオバブ種子油・アボカド油・マンダリンオレンジ果皮脂、オレンジ果皮脂、ベルガモット果皮脂など

2くせ毛に使いやすいバームワックス8選

短いくせ毛にありがちなパサつきや膨らみを抑え、使いやすいタイプのバームワックスを厳選しました。ハンド、ネイル、ボディにまで使えます。


Moii(モイ) バーム ウォークインフォレスト


 濡れ髪、自然な束感がつくれる。
・柔らかく伸びがよいテクスチャー。
・シリコン/パラベン/合成着色剤がフリー
・サンダルウッドとユーカリの森の香り
・油臭くなりません。

ルベル Moii(モイ)バームとオイル自然由来100%の香りでレビューしています。

【成分】 バオバブオイル、マルラオイル、アボカドオイル、シア脂、ミツロウ、アーモンド油、シア脂エチルエステルズ、 カプリン酸、ミスチリン酸、ステアリン酸グリセルなど

ロレッタムルムルバター


くせ毛のうねりやアホ毛、ボサボサ感を抑えます
・テクスチャーはやや硬め、手で温めるとのびます。
・ローズの中にラベンダーを感じるほのかな香り。
・しっとりと落ち着きますが、ツヤはひかえめ。
・パッケージが可愛い。

【成分】: シア脂、アストロカリウムムルムル脂、バオバブ種子油、ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイ油、 ラベンダー油、パルマローザ油

ビ・セリエ・マカロンバターソフト (色:ウッディベージュ)


・みずみずしい潤いを与えます。
・柔らかいテクスチャーだから、よく伸びます。
バーム8選で、いちばん軽い仕上がりです。
・自然なツヤ感でふんわりと仕上げたい人に。
・森のようなやさしいウッディの香り。

ビ・セリエ・マカロンバターソフト【100%天然由来】の口コミはこちらから

【成分】
シアバター・ヤシ脂・スクワラン・マンゴー種子油野菜油
アロエベラ液汁・フラーレン・ミツロウ・ピドリキシンHCL


EARTHEART(アースハート)オーガニック ナチュラル バーム


・しっかりツヤがでます。
・テクスチャーは柔らかく、伸びがよいです。
・毛量の多いくせ毛のボリュームを軽減。
・バーム8選の中でいちばん使いやすかった。(毛量が多いならNG)
軽い動きから、ウエット感あるスタイリングまで
・シトラス・レモン・グレープフルーツなどの香り。


アースハートナチュラルバーム口コミ【N.エヌドットと比較】はこちらから

【成分】:オリーブ油、ミツロウ、シア脂、ホホバ種子油、ベルガモット果実油、 オレンジ油、グレープフルーツ果皮油、レモン果皮油、ライム油、トコフェロール


N.エヌドット ナチュラルバーム 


パーマ風ヘア、毛束感など動きをつけたい人に向いてます
・テクスチャーはバーム8選の中でいちばん硬く感じます。
・ツヤは控えめ。
・時間が経っても重くならない。
・マンダリンオレンジ&ベルガモットなど柑橘系の香り。(ほんのり)

【成分】:シア脂、ホホバ種子油、ミツロウ、マンダリンオレンジ果皮脂、 オレンジ果皮脂、ベルガモット果皮脂、パルマローザ油、ビターオレンジ葉/枝油、アルテミシアパレンス花/葉/茎油、トコフェロール


ザ・プロダクト ワックス 


 広がりや膨らみを抑えるキープ力 あり。
・バーム8選の中で一番しっとり重め。
・細い髪や猫っ毛には向きません。
・マンダリンオレンジやシトラス のフルーティで爽やかな香り。(かおり強め)
・少量でもツヤツヤになります。

プロダクトのヘアワックスの口コミはこちらから

【成分】:シア脂・ミツロウ・トコフェロール・マンダリンアレンジ果皮油・ アロエベラ液汁


kanel(カネル)ヘアワックス


 柔らかくサラサラにまとめたい人向きです。
・テクスチャーは硬すぎず柔らかすぎず使いやすいです。
・保湿力が高く、ダメージを補修します。
・ツヤはありますが、濡れ髪にするほどしっとり感はありません。
・グレープフルーツの香り。(油臭くなりにくい)

【成分】:シア脂・ヤシアルキル・ミツロウ・グレープフルーツ果皮油・ アストロカリウムムルムル種子油・テオウロマグランジフロルム種子油・ アルガニアスピノサ核油・ホホバ種子油・メドウフォーム-δ-ラクトン・ ヒマワリ種子油・ラベンダー油・ニオイテンジクアオイ油・ マンダリンオレンジ果皮油・ローズマリー葉油・トコフェロール

COCUU コキュウ メロウバーム

・髪のボリュームをしっかり抑える。
・テクスチャーはややもったりめ。
 毛束感や動きを出すショートヘアに向いています
・ツヤはちょっと控えめ。
・オレンジ・パチョリなど柑橘系の香り。

COCUU コキュウ メロウバーム の口コミはこちらから

【成分】:パルミチン酸エチルヘキシル、ミツロウ、セテアリルアルコール、パルミチン酸デキストリン、キャンデリラロウ、マイクロクリスタリンワックス、水添ナタネ油アルコール、カルナウバロウ、ラネス-5、イソノナン酸イソノニル、
イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)、水溶性コラーゲンなど

3広がるくせ毛を抑えるヘアバームの使い方

<img src=”drink.jpg” alt=”3短く広がるくせ毛を抑えるヘアバームの使い方”>

ヘアバームはほぼ固形ですが、手の平で じんわり溶けるのでよくのびます。

しっかり溶かしてから髪につければ、ダマにならずに使うことができます。

細い髪質で、ショートのくせ毛なら、このくらいの分量でちょうどいいと思います。

毛量や長さにもよりますが、ミディアムヘアならもう少し必要になります。

両手のひらと5本のゆびに、馴染ませてから髪につけましょう。

<img src=”drink.jpg” alt=”3短く広がるくせ毛を抑えるヘアバームの使い方”>

  1. 毛量が多いひとはクリップで適量を分けとります。
  2. 下のブロックに指を入れて髪の内側からとかします。
  3. その後、上のブロック(髪の表面)にもつけましょう。
  4. 最後にコームでとかしたら完成です。(ストンと落ち着きます。)

    <img src=”drink.jpg”alt=”3短く広がるくせ毛を抑えるヘアバームの使い方”>

このようにとかしてあげることで、ムラにならずスタイリングができます。

前髪は最後につけて下さい。初めにつけると、濡れた髪みたいになるので

4バームの効果的な使い方はヘアオイルとWで使う

ガンコなくせ毛のスタイリングには、外せないアイテムですが、バームの前にヘアオイルをつけるともっとしっかりおさまります。

オイルがブースターの役割をするので、効果的に ガンコなくせ毛を抑え込むことができます。やり方はとてもシンプル。

  1. シャンプーあと髪にヘアオイルをつけてコームでとかす。
  2. ドライヤーで完全ドライ。
  3. バームをつけてスタイリングをする。


髪が多く剛毛のくせ毛のモデルさんに、何もつけずにドライヤーで乾かした直後です。

<img src=”drink.jpg”alt=”4バームの効果的な使い方+ヘアオイルを使用”>


今度はバームとヘアオイルW使いがこちらです。

<img src=”drink.jpg”alt=”4バームの効果的な使い方+ヘアオイルを使用”>


面倒な方は、ドライヤーの後にバームワックスとヘアオイルを程よく混ぜてから、髪につけると1回ですみます。

でも、一番おさまりがいいのはべつべつにつける方です。

5バームの使い方「短く切って広がるくせ毛」にバームワックス8選:まとめ

お疲れさまでした。あなたに合いそうなバームワックスは見つかりましたか?もし、なくても自然由来植物オイルがはいったバームを選んでみてくださいね。

シアバター・ミツロウ・マルラオイル・シアバター・ホホバ種子油・アーモンド油・バオバブ種子油・アボカド油・オレンジ果皮脂・ベルガモット果皮脂など


ほとんどのバームの容量は約50g前後と、やや少なく感じるかもしれません。でも、少量でも伸びがますのでショートなら2か月くらいは持ちます。

どのバームもつけ過ぎると、ベタベタと重くなりますので、はじめは少量から使ってください。

以上になります。