kami-blog

くせ毛をキレイしたい!40歳からの髪質を美しくするヘアケア剤の選び方

バームの使い方「短く切って広がるくせ毛」にバームワックス8選

<img src=”drink.jpg” alt=”バームの使い方「短く切って広がるくせ毛」にヘアバーム8選">

「髪を短く切ったら、広がった!ヘアオイル使っても膨らむ!」そんなくせ毛のショートヘアに、おすすめバームワックスと使い方を解説します。

この記事を書いている私は、美容歴30年の美容師です。いままで10万人以上のお客様を担当させていただいております。

kami-blogでは40代からのくせ毛に合わせたヘアケアを提案しています。自身がくせ毛ということもあり、くせ毛の悩みに寄り添った商品のご紹介もしております。

今回は、バームの種類は多すぎて「どれを選んだらいいかわからない。」という方のためにくせ毛でも使いやすいバームを選びました。


くせ毛のバームワックスの使い方には、ちょっとだけコツがいりますので、ぜひ覚えて毎日のスタイリングを時短にしてください。


contents
1短く切って広がるくせ毛にバームワックスがいい理由
2くせ毛に使いやすいバームワックス8選
3短く広がるくせ毛を抑えるバームワックスの使い方
4バームの効果的な使い方+ヘアオイルを使用
5バームの使い方「短く切って広がるくせ毛」にバームワックス8選:まとめ



1短く切って広がるくせ毛にバームワックスがいい理由

くせ毛を短く切ってすぐは、髪の毛が馴染まずに広がりやすくなります。ふつうのワックスよりも、保湿力やツヤ感があるので、バームワックスの方が広がらないんです。

<img src=”drink.jpg” alt=”1短く切って広がるくせ毛にバームワックスがいい理由 ">


バームワックスは、固形なので硬くてつけにくいイメージがあるようですが、そんなことはありません。

実は、髪の毛に束感をだしたり、潤いを与えたりと万能アイテム。使い方さえわかれば、バーム初心者でも上手にあつかえるようになります。

広がるくせ毛には、自然由来の成分が配合されたバームを使用することで、セット力+保湿力で抑え込むことが楽になります。

くせ毛は ストレートな髪より水分量がすくなく、乾燥して毛先がバラつきやすいので。

【普通のワックスはくせ毛に向かない理由】

増粘剤・シリコーン・水酸化ナトリウム・高級アルコール・エステルなど、粘度のある成分が多い。スタイリング剤としては適していますが、くせ毛には保湿力が足りません。

*ツヤ感がでにくい。
*べたつきやすく、くせ毛のスタイリングが難しい。
*油分があまりないので、すぐに髪が乾燥してしまう。


だから、広がるくせ毛のショートには、自然由来のバームの方が使いやすいし、重さがないサラサラ髪になります。

<img src=”drink.jpg” alt=”バームの使い方「短く切って広がるくせ毛」にヘアバーム8選”>

ヘアバームは使い方が正しければ髪への効果が高まります。人気のバームは自然由来のものが多く、乾燥した髪への浸透がいいオイルを配合しています。

だから、うるおいを与えながらスタイリングすることができます。さらに、髪の毛の水分をキープする、エモリエント効果でキューティクルを整えます。たとえば、こちらのプロダクトの主成分です。

<img src=”drink.jpg” alt=”1短く切って広がるくせ毛にヘアバームがいい理由 ">

https://theproduct.jp/products/hair-wax

最近人気があるバームワックスは、以下のようなオーガニック由来の成分が配合されています。ワックスでスタイリングした後は、そのままバンドクリームとして使用できるものが増えています。

【自然由来のバームワックスの成分】
シアバター・ミツロウ・シア脂・ホホバ種子油・アーモンド油・バオバブ種子油・アボカド油・マンダリンオレンジ果皮脂、オレンジ果皮脂、ベルガモット果皮脂など

*シリコンではないので、べたつかず柔らかい仕上がりになります。
*乾燥から髪をまもる、保水性のオイルもたくさん含まれています。

2くせ毛に使いやすいバームワックス8選

くせ毛のカールを活かしたり、アイロンした髪をキープしてくれるのがバームワックス!自然由来の成分が髪・敏感肌にもやさしい成分でできています。

「ツヤ・ウエット感」をだすのに便利。べたつきが少ないタイプを厳選しました!成分はもちろんですがすべて人気のバームワックスです。


Moii(モイ) バーム ウォークインフォレスト

・ウエット感、自然なツヤ、ソフトな仕上がり
・自然由来成分100%
・シリコンフリー/パラベンフリー/合成着色剤フリー
・「サンダルウッドとユーカリ」基調のウッディな香り

ルベル Moii(モイ)バームとオイル自然由来100%の香りでレビューしています。

【成分】 バオバブオイル・マルラオイル・アボカドオイル・シア脂、ミツロウ、アーモンド油、シア脂エチルエステルズ、 カプリン酸、ミスチリン酸、ステアリン酸グリセルなど

ロレッタムルムルバター

・伸ばしたくせ毛のセットを長時間キープ。
・ムルムルバターはうねり防止。シアバターは保湿効果。
・ローズの中にラベンダーを感じる香り。
・しっとりうるおい、ツヤ感あり。

【成分】: シア脂、アストロカリウムムルムル脂、バオバブ種子油、ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイ油、 ラベンダー油、パルマローザ油

ビーセーリエ・マカロンバターソフト (色:ウッディベージュ)

・100%天然由来成分で敏感肌でもOK。
・この中でいちばん軽く仕上がるタイプ
・ほどよいツヤ感で、べたつきなし。

・セット力弱め
・コンパクトなので持ち歩きに便利。

ビーセーリエ・マカロンバターソフト【100%天然由来】の口コミはこちらから
【成分】
シアバター・ヤシ脂・スクワラン・マンゴー種子油野菜油
アロエベラ液汁・フラーレン・ミツロウ・ピドリキシンHCL


EARTHEART(アースハート)オーガニック ナチュラル バーム


しっかりツヤ、ウエット感。くせ毛のボリュームダウンに最適。
(軽い動き~ウエット感あるスタイリングまで)
・男女兼用のシトラス・レモン・グレープフルーツなどの香り。
・自然由来原料のみ使用、ハンド・ボディにも使用できる。

アースハートナチュラルバーム口コミ【N.エヌドットと比較】はこちらから
【成分】:オリーブ油、ミツロウ、シア脂、ホホバ種子油、ベルガモット果実油、 オレンジ油、グレープフルーツ果皮油、レモン果皮油、ライム油、トコフェロール


N.エヌドット ナチュラルバーム 

ソフトな動き、空気感のある仕上がり。
・髪のうるおいを保ち乾燥を防ぎます。ツヤは控えめ
・シアバターがベースの自然由来原料のみ配合のバーム。
・マンダリンオレンジ&ベルガモットなどシトラスの香り。

【成分】:シア脂、ホホバ種子油、ミツロウ、シア脂油、マンダリンオレンジ果皮脂、 オレンジ果皮脂、ベルガモット果皮脂、パルマローザ油、ビターオレンジ葉/枝油、アルテミシアパレンス花/葉/茎油、トコフェロール


ザ・プロダクト ワックス 


セット力あり広がりを抑えるキープ力あり。
・自然由来原料のみ配合、リップ、ネイル、ボディにも使用できる。
・USDAオーガニック認証を受けたシアバター・アロエベラを配合。
・マンダリンオレンジやシトラス のフルーティで爽やかな香り。

・ツヤは良く出ます。

プロダクトのヘアワックスの口コミはこちらから
【成分】:シア脂・ミツロウ・トコフェロール・マンダリンアレンジ果皮油・ アロエベラ液汁


kanel(カネル)ヘアワックス

セット力は弱め、自然な毛束感はできる。
・天然由来の(シアバター・ムルムルバター・クプアスバター)
・保湿力が高く、ツヤ、潤い、ダメージ補修まで。
・乾燥、パサつきを抑え、自然なツヤ感

【成分】:シア脂・ヤシアルキル・ミツロウ・グレープフルーツ果皮油・ アストロカリウムムルムル種子油・テオウロマグランジフロルム種子油・ アルガニアスピノサ核油・ホホバ種子油・メドウフォーム-δ-ラクトン・ ヒマワリ種子油・ラベンダー油・ニオイテンジクアオイ油・ マンダリンオレンジ果皮油・ローズマリー葉油・トコフェロール

COCUU コキュウ メロウバーム

・95.3%自然由来「オーガニック認定成分」配合。
・ハンド&リップにも使えます。
・ミツロウをはじめ「20種類以上」の植物オイル、生コラーゲン配合。
セット力あり、しっとり・まとまりをキープ。ツヤは控えめ。
・ほんのり柑橘系(オレンジ・パチョリ)の香り。

COCUU コキュウ メロウバーム の口コミはこちらから

【成分】:パルミチン酸エチルヘキシル、ミツロウ、セテアリルアルコール、パルミチン酸デキストリン、キャンデリラロウ、マイクロクリスタリンワックス、水添ナタネ油アルコール、カルナウバロウ、ラネス-5、イソノナン酸イソノニル、
イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)、水溶性コラーゲンなど

3短く広がるくせ毛を抑えるヘアバームの使い方

<img src=”drink.jpg” alt=”3短く広がるくせ毛を抑えるヘアバームの使い方”>
ヘアバームは手に取ると硬めですが、じっさいに手の平で じんわり溶けるのでよくのびます。

<img src=”drink.jpg” alt=”3短く広がるくせ毛を抑えるヘアバームの使い方”>

このようにツヤ感がありますよね。このように手の上でとかしてから、髪にまんべんなく伸ばせば、ダマにならずに使うことができます。

細い髪質で、ショートのくせ毛なら、このくらいの分量で丁度いいと思います。ミディアムのくせ毛の場合は、約1.5倍はいります。

両手のひらと5本のゆびにも、しっかりバームを温めて、馴染ませてから髪につけましょう。

<img src=”drink.jpg” alt=”3短く広がるくせ毛を抑えるヘアバームの使い方”>

  1. 毛量が多いひとはクリップで適量を分けとります。
  2. まずは、下のブロックに指を入れて髪の内側からとかします。
  3. その後、上のブロック(髪の表面)にもつけましょう。
  4. 最後にコームでとかしたら完成です。(コームでとかせば、ストンと落ち着きます。)

    <img src=”drink.jpg”alt=”3短く広がるくせ毛を抑えるヘアバームの使い方”>

こうすることで、ムラにならずスタイリングができます。※前髪は最後につけて下さい。初めにつけると、濡れた髪みたいになってしまいます。

4バームの効果的な使い方+ヘアオイルを使用

ガンコなくせ毛のスタイリングには、バームは外せないアイテムですが、バームの前にヘアオイルをつけるとしっかりおさまります。

こういった使い方をすることで、効果的に ガンコなくせ毛を自然に抑え込むことができます。やり方はとてもシンプル。

  1. シャンプーあと髪にヘアオイルをつけてコームでとかす。
  2. 上から下に向かい風をあてながらドライヤーで乾かす。
  3. 乾いたら、バームをつけてスタイリングをする。


実際、髪が多く剛毛のくせ毛のモデルさんに、何もつけずにドライヤーで乾かした直後です。

<img src=”drink.jpg”alt=”4バームの効果的な使い方+ヘアオイルを使用”>


今度はヘアオイルをつけた後、ドライヤーで乾かした直後です。

<img src=”drink.jpg”alt=”4バームの効果的な使い方+ヘアオイルを使用”>

これがベースの状態です。ここまでになっていると、バームワックスを使ったウエット感のある髪型にしやすくなります。ぜひ、ヘアオイル➡バームの順番でやってみてください。スタイリングしやすくなります。

5バームの使い方「短く切って広がるくせ毛」にバームワックス8選:まとめ

お疲れさまでした。最後にもう一度、広がるくせ毛を抑えてくれるオーガニックの代表的な成分を表示しておきます。7選で好みのバームが見当たらなくても、成分はとても参考になります。

シアバター・ミツロウ・マルラオイル・シアバター・ホホバ種子油・アーモンド油・バオバブ種子油・アボカド油・マンダリンオレンジ果皮脂、オレンジ果皮脂、ベルガモット果皮脂などの植物油


ほとんどのバームの容量は約50g前後と、やや少なく感じるかもしてませんが、少量でも伸びが良く、乾燥した髪を潤しますので、2か月くらいは持ちます。よく厳選して選んでくださいね。