kami-blog

「くせ毛カットが得意な」くせ毛美容師ブログ

白髪の原因は?増えるのを食い止めたい!白髪の予防対策

<img src=”drink.jpg” alt=”白髪の原因は?増えるのを食い止めたい!白髪の予防対策”>

「年齢とともに白髪がめだってきた気がする!」あらたに白髪をみつけると、ついついまだ他にもあるんじゃないかと探してしまいませんか?

どうにかして黒髪にできればいいのですが、残念ながら白髪を黒く戻すことはできません。でも、少しでも 白髪を先送りさせるために4つの予防対策をご紹介します。

この記事を書いている私は、美容歴30年の美容師です。いままで10万人以上のお客様を担当させていただいております。今回は、白髪が気になるお客様に、普段アドバイスしていることをまとめております。

なにかひとつでも、できる対策がありましたらぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

1.女性の白髪が増える年齢

年齢を重ねると白髪がでてくるのは「老化現象のひとつ」です。加齢による白髪は、女性で早い人は30歳前半から、個人差はありますが30歳~50歳にかけて始まるようです。

2.白髪が生えるメカニズム

<img src=”drink.jpg” alt=”<img src=”drink.jpg” alt=”3.白髪が増える6つの原因”>
出典:DEMI頭皮の基礎知識 vol.9「白髪」|デミ コスメティクス


黒髪は、メラノサイトで作られたメラニン色素が、毛母細胞に送られ、色素沈着することで色がつくしくみです。

メラノサイトがうまく働かないと、毛母細細胞でメラニン色素が届かないので、白髪が増えやすいということになります。


うまく機能するには、チロシナーゼという酵素が必要で、食事やサプリメントなどで摂ることができます。

3.白髪が増える原因

<img src=”drink.jpg” alt=”3・白髪が増える原因”>

原因1 「加齢」

加齢とともにカラダの細胞の機能が落ちていきます。 細胞の機能が落ちるということは、メラノサイトのもとになっている細胞も小さくなるので、メラニン色素の産生が減少し、白髪が増える原因のひとつになります。

また、体内の「活性酸素」も増えやすく、メラノサイトに影響する細胞の成長を止めてしまうことに。バランスのよい食事で細胞に栄養をあたえることも大切です。とくに、糖質の摂りすぎは、細胞自体が老化するのが早まるといわれています。

原因2 「遺伝子」

親の遺伝子を引き継いで、白髪になるともいわれていますが、 髪の毛のなかでは「MITF遺伝子」というものが白髪に関係するともいわれています。

「MITF遺伝子」は、メラニン色素を合成している物質 「チロシナーゼ」に「メラニン色素をつくれ!」と指令を出しています。

ですので、「MITF遺伝子」が多くあればメラニン色素がつくられることになりますが、年齢とともにその遺伝子は減少するといわれています。

原因3「血行不良」

女性特有の冷えや代謝の低下も関係しています。黒髪をつくっている毛母細胞は、血管をとおして血液から 栄養をもらっているので、血行が 悪いと髪の成長をさまたげてしまいます。

体温が1度下がると基礎代謝が下がります。カラダが冷えれば免疫力も落ち、白髪だけではなく疲れが抜けなくなったり、シワやシミもできやすくなります。できるだけ、カラダを冷やす食べ物をさけたり、室温にも気をつけましょう。

原因4 「ストレス」

メラノサイトはメラニンをつくっているといいました。 ヒトは激しい運動やストレスを感じると、交感神経が刺激されてアドレナリンやノルアドレナリン(神経伝達物質)が放出されます。

ノルアドレナリンは、行動力や集中力を高めたり する働きがありますが、強いストレスをうけると過剰に分泌され、メラノサイト の枯渇を促進させるという研究結果があります。

つまり、メラニンが作られる量が 減り、白髪が増えるということになります。また、ストレスによって、ホルモンバランスも崩しやすく髪の成長をさまたげてしまいます。

参考記事:「nature」

www.nature.com

4.白髪は予防できる?その対策つ

発毛の分野とはちがい、白髪はつける特効薬がありません。だからこそ、少しでもメラニン色素をつくる環境をカラダの内側から整えることが大切になります。

対策1・サプリメントを摂る

食事だけではとることが難しい栄養素があります。毛母細胞を元気にし、メラニン色素をつくりだすためです。とくに、メラニン色素を合成している物質 「チロシン」、ケラチンは髪の原料で、イオウ(ミネラル)はケラチンの吸収を助けます。

チロシン ケラチン 亜鉛 ビオチン イオウ L-システィン


チロシン

黒髪が白髪になってしまうのは、メラニン色素が抜けてしまうからです。その色素細胞の機能をを保つためにはチロシンが必要です。

ケラチン
髪の毛は「ケラチン」というタンパク質でできており、筋肉・皮膚・髪・爪など、ほとんどはタンパク質がつくっています。ミネラルやビタミンも一緒にとると、ケラチンの吸収がよくなります。

イオウ(ミネラル)
髪の タンパク質を構成する成分でカラダにも広く存在しています。イオウが不足すると、髪の毛をつくる栄養不足して、白髪だけでなく髪がパサパサになりやすいです。 爪が割れやすい方はイオウ不足かもしれません。

おすすめ:「ケラチン&チロシン」含有、2020年インターネット調査第1位のサプリメント。63種類の成分で、白髪と美容の悩みにアプローチする白髪世代の女性のために開発されたサプリです。いつでも「全額返金保証」無制限。

Kurone(クローネ)初回限定93%OFF。お得な特別キャンペーン実施中!通常価格7980円+送料550円が、480円(送料無料)に!なくなり次第キャンペーンは終了します。

対策2・血行を改善する食事

女性の場合、ストレスや年齢による更年期などのせいで自律神経の乱れやすいので、カラダを温め、血流をよくすることが必要です。

カラダを冷やすといわれる 糖質や冷たい物をひかえ、ネギやショウガ、トウガラシなど温まるものを食べましょう。もともと低体温の方は、このような食事法もおすすめです。

*肉、卵、魚、チーズを積極的に食べる。
*油はオメガ(エゴマ油、アマニ油、魚油
*炒め物にはオリーブオイル、菜種油を使う。
*鉄分の多い食品を摂る。 (ほうれん草、牡蠣、レバー、アサリ、イワシなど) *お米は、雑穀をとり入れる。


他にも薬膳の食べ合わせで、効果的に栄養を吸収する方法もあります。 白髪予防!頭皮に栄養を与えて血行改善する【食事×食べあわせ】こちらを参考にしてください。

対策3・リンパのツボ押しで頭皮の血行改善

リンパは、カラダ中を血液のように流れている液体で、血管からしみでる老廃物やウイルスをろ過し、細胞に栄養を送っています。このリンパの流れをよくするために、効くツボがあります。

<img src=”drink.jpg” alt=”4.白髪は予防できる?その対策4つ”>

1,神庭(しんてい)

頭痛やめまい、不眠、老化防止にも効果あり。顔周りのツボは、顔をリフトアップしてくれるメリットもあります。


2,百会(ひゃくえ)
全身のツボが集結したようなところです。自律神経をととのえ、リラッツクス効果をもたらします!ストレスを緩和します。

3,風池(ふうち)
天柱から指1本分外側のところにある後頭部のツボ、頭皮の血流が改善され頭痛や目の疲れめまいなどにも効果が得られます。

対策4・ストレスには早めに解消

ストレスは自分ラダに対する生体防御反応です。 動悸や血圧の上昇、イライラなどがその典型的な症状。ストレスをため込まないためには、自分なりのリラックス方法を見つけることが良い対策になります。

ストレスには早めに解消「ビタミンC」が有効です。ビタミンCは コラーゲンの合成を助ける役割をしているので、女性の大敵である皮膚のしわやシミの予防になります。心だけでなくお肌もキレイになって、気分を上げましょう。

5.女性の白髪は年齢のせい?増えるのを何とか食い止めたい!:まとめ

お疲れさまです。あらたな白髪を見つけると気になりますが 、できるだけのことをして白髪がでるのを遅らせましょう。

白髪を増やさないために
・サプリメントを利用する
・血行改善する食事
・血行をよくするためにカラダを温める
・リンパのツボ押しで血液を流す
・ストレス解消を心がける

以上になります。どれかひとつでもお役に立てたら嬉しいです。