kami-blog

くせ毛をキレイにしたい!40歳からの髪質を美しくするヘアケア剤の選び方

くせ毛になる5つの原因「なんで私だけ、こんなくせ毛なの?」

<img src=”drink.jpg” alt=”くせ毛になる5つの原因「なんで私だけ、こんなくせ毛なの?」”>


くせ毛とは「うねりや縮れのある髪質、濡れているときは真っすぐでも乾くと広がる髪」のことをいいます。つまり、直毛よりも扱いにくいということになります。


髪をセットしていて、イマイチ決まらないときって嫌ですよね。 くせ毛の原因を知り、髪質に合ったお手入れをすれば、確実にまとまりがよくなります。

kami-blogでは、くせ毛美容師が40代からの「くせ毛の悩み」を解決していただくことを目指しているブログです。


では、解説したいと思います。ぜひ最後までごらんいただき、お役に立ててください。

くせ毛の原因
  1. 親からの遺伝
  2. コルテックスの片寄り
  3. ホルモンバランスの変化
  4. 髪のダメージ
  5. 毛穴の形が変わる


「くせ毛の種類」写真でわかる髪質と診断方法|くせ毛の対策法

親からの遺伝

 <img src=”drink.jpg” alt=”くせ毛になる5つの原因「なんで私だけ、こんなくせ毛なの?」”>


毛髪診断士によると両親のうちどちらかがくせ毛の場合、約70%の確率でくせ毛になります。また、祖父母からの隔世遺伝(かくせいいでん)という可能性もあります。

実際に、親子でご来店くださるお客様の9割は、髪質・頭の形・毛流れまでそっくりです。

よく見るのは、女の子は母親のくせ毛・男の子は父親のくせ毛を受け継ぐケースです。

コルテックスの片寄り

 <img src=”drink.jpg” alt=”くせ毛になる5つの原因「なんで私だけ、こんなくせ毛なの?」”>


髪の毛は約80~90%のコルテックスからできています。水分・油分・タンパク質 で構成され、図のように髪のなかを埋めています。

ブルーが「パラコルテクス」・ 紫が「オルトコルテックス」といいます。この2つのバランスがいい方は 直毛ということになります。

くせ毛は紫「オルトコルテックス」 が、外側に片寄っているので、曲がったりねじれたくせ毛になります。

ホルモンバランスの変化

 <img src=”drink.jpg” alt=”くせ毛になる5つの原因「なんで私だけ、こんなくせ毛なの?」”>

初潮、思春期、出産、更年期など、ホルモンバランスが大きく変化しやすい時期をきっかけに髪質が変わります。

思春期に大人に成長していくなかで、メラニン色素が 増えることにより、髪が硬くなりくせ毛になる可能性もあります。

カラダも髪も、まだ未熟な10代で、長い髪をばっさりショートにしたりしたときに、突然くせ毛になる人もいます。私もその一人です。

髪のダメージ

 <img src=”drink.jpg” alt=”くせ毛になる5つの原因「なんで私だけ、こんなくせ毛なの?」”>


梅雨時期になると湿気で髪がうねるのは、くせ毛が 水分を吸いやすい構造になっているからです。

くせ毛は直毛にくらべると、水分量がすくなく、乾燥しやすいことが関係しています。

また、パーマやヘアカラーなどのダメージによって、より「キューティクルの隙間」 から湿気を吸いやすくしています。

たとえば、雨の日に外に出ると、ストレートに伸ばしたはずの髪が、 くせ毛に戻ってしまうのはそのせいです。

毛穴の形が変わる

<img src=”drink.jpg” alt=”くせ毛になる5つの原因「なんで私だけ、こんなくせ毛なの?」”>

老化とともに毛穴が歪むことがあります。毛穴を引き締める力がなくなった時、肌がたるむように、同じことが頭皮にも起こります。

直毛の方は、もともと毛穴が円形なので太く均等ですが、くせ毛は毛穴の形が歪んで、 生えてくる髪も圧迫されうねりが強くなります。


**********************

でも諦めないでください。くせ毛がまとまりやすく、美しい髪に見えるようにすることはできます。くせ毛を扱いやすくなれば、朝のお手入れもドライヤーも時短ですみます。

**********************

くせ毛を改善したいなら
ドラッグストアでシャンプーを買わないこと。

美容師おすすめの「サロン用アミノ酸系シャンプー」なら、ダメージを修復しながらまとまりやすい髪になります。

まじめなアミノ酸系シャンプーを選ぼう

ご存知だと思いますが「ノンシリコン・アミノ酸系・弱酸性」がよいとされ、 市販シャンプーにもこんな表示のシャンプーはたくさんあります。

でも、実は泡立ちをよくするためや、コストカットのためにつよい洗浄成分がまざっています。食器用洗剤で手がカサカサになるのと同じく 髪がパサついて乾燥するのです。


美容師ではない一般のかたが、その成分を判断するのはむずかしいので、サロン用「アミノ酸系シャンプー」をまとめた記事をぜひごらんください。