kami-blog

くせ毛をキレイにしたい!40歳からの髪質を美しくするヘアケア剤の選び方

くせ毛と白染めでパサつく髪に5つの対処法を美容師が解説します

<img src=”drink.jpg” alt=”くせ毛と白染めでパサつく髪に5つの対処法”>

「白髪染めをしながらパサつきを抑えたい。」「でも、何をすればいいのかわからない。」という方に、現役美容師が、くせ毛で白髪染めのパサつき対処法をご紹介します。

この記事を書いている私は、美容歴30年の美容師です。いままで10万人以上のお客様を担当させていただいております。

くせ毛で白髪染めのパサつきを最小限にするには、 白髪染めでしなければいけない対策と、ヘアケア剤の選び方が重要 になります。


この記事でわかること

  • パサつきを起こす原因。
  • 傷みにくい白髪染めの塗り方。
  • くせ毛の白髪染めに適したシャンプー。
  • 髪に水分を与えるトリ―トメント、ヘアオイルは必須。

「くせ毛で髪が広がる上に、白髪染めのせいで傷んでしまった。」 「トリ―トメントを付けても効果を感じない。」

「髪にツヤがないので老けて見られることがある。」とお悩みのかたは、ぜひ最後まで ご覧ください。


コンテンツ
1・くせ毛と白髪染めで髪がパサつく原因
2・くせ毛と白髪染めのパサつく5つの対処法
3・髪がパサつかない白髪染めとは?
4・それでもダメならオーガニックの白髪染めにしてみよう
5・くせ毛と白髪染めでパサつく髪の5つの対処法:まとめ


1・くせ毛と白髪染めで髪がパサつく原因

<img src=”drink.jpg” alt=”1・白髪染めで髪がゴワつく原因”>


白髪染めは、アルカリ剤・酸化染料などからできています。 髪の毛は弱酸性なのですが、白髪染めをした髪はアルカリ性にかたよっており、シャンプー・紫外線・熱などの外部刺激を受けやすくなります。

つまり、白髪染めをしていない髪よりもベースのコンディションが悪いので、注意しておくことがあります。

1、白髪染めを毛先までやっている場合

<img src=”drink.jpg” alt=”1・くせ毛と白髪染めで髪がパサつく原因”>


自分で白髪染めをするとき、こんなふうにやっていませんか?根元と毛先のムラをなくしたいからといって、毛先に薬をつけては いけません

毎回、全体的に染めてしまうと、同じ部分に何度も染めることになり、必ずパサつきます。

塗っていいのは根元の白髪の部分だけです。 全体に揉みこんだり、コームでとかし過ぎたりはNGです。これがもっとも髪がパサつく原因となります。

2、シャンプーの洗浄成分が強い

高級アルコール系シャンプー(ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウムなど)は洗浄力が強いものです。

くせ毛で白髪染めの髪はもともと水分や脂質が減っています。そこに強いシャンプーを使うと、どんなヘアケア剤をつけてもパサつきは治せません

 成分表のはじめに「ラウリル○○、ラウレス○○、」などの名前があったら できるだけ早く、アミノ酸系シャンプーに変えましょう。髪が柔らかくなり、ゴワつきが少なくなるはずです。

3、紫外線による髪の日焼け

長時間の外出で紫外線にあたると、軽いやけどのような状態になります。夏に紫外線を浴びると、髪の毛が茶色くなったりするのはそれが原因の一つでもあります。

日焼けあとお肌が乾燥するように、髪も水分をうばわれるので、潤いがなくなり硬くなっていきます。

ふだん日傘をさしたり、UVカットのヘアスプレーなどもありますのでケアしてあげましょう。分け目のところ茶色くなっていたら要注意です。

4、ヘアアイロン、ドライヤーによる熱ダメージ

白髪染めをしているのに、ヘアアイロンを長時間使用するのはパサつきのもと。アイロンの熱は100~180度くらいと、かなり高いので髪がヤケドして硬くなります。

硬くなるということは、水分が失われるということなので、しなやかさがなく、乾燥してゴワゴワになります。


髪がまだ、湿っているのにアイロンすることも大きなダメージになります。フライパンで目玉焼きが焦げるように、同じことが髪の毛にも起こるのです。


※ヘアオイルを付けてからの アイロンもよくありません。仕上げにつけるか、ドライヤーの前につけてください。

2・くせ毛と白髪染めパサつく髪の対処法

<img src=”drink.jpg” alt="2・くせ毛と白髪染めパサつく髪の対処法">

 

対処法1 白髪染めの塗り方に気をつける

「白髪染めをじょうずに塗るのが難しい。」という声も多いですが、塗っていいのは根元の白髪の部分だけです。

全体に薬をのばしてしまうと絶対にパサつきます。 「市販の白髪染めブローネルミエストで美容師が染めてみた」で、上手に塗るコツをみてください。

対処法2カラー剤の残留を取り除く「炭酸シャンプー」

炭酸シャンプーを週に1~2回と必ず白髪染めあとのシャンプーに 使用します。 薬剤の残留を最小におさえられるので、かなりパサつきを 抑えられます



  • pH(ペーハー)5.0未満でお肌とおなじ弱酸性。
  • シャンプーでは落ちない頭皮の皮脂汚れが落とす。
  • ヘアカラーの薬剤の残留を毛髪から除去。
  • 抜け毛の予防としても有効。
  • キューティクルを引きしめ、ツヤのある髪へ。

メリットはこんなにあります。 傷む原因を取り除くわけですから1本あると2か月ほど使用できます。デメリットはありません。

対処法3シャンプーを見直す

くせ毛で白髪染めをしている髪には、水分や油分が必須になります。どんないいトリ―トメントをしても、シャンプーできしむようならダメです。

髪のパサつきを抑え、 白髪染めのゴワつき、退色防止なら「アミノ酸系シャンプー」がおすすめです。髪の毛、頭皮も負担が少なくしっとりと洗い上げます。40代くせ毛がひどくなった人に美容師おすすめのシャンプー7選


CMなどで有名なシャンプーは魅力的ですが、安価なものはコストを抑えた分、髪をケアする成分も非常に少ないです。

対処法4トリートメントで髪に潤いを

くせ毛の白髪染めでのパサつきに、専用トリートメントを使わない選択肢はありません。

とはいえ、まずは、シャンプーがブースター(下地)になり、トリ―トメントの効果が最大限に発揮されます

そのうえで、白髪染めの退色をふせぎ、くせ毛の広がりをまとめるトリ―トメントでなければ、意味がありません。

髪はもともと新陳代謝がないので、パサつきが自然に収まるということもないので。

くせ毛と白髪染めで傷んでいるのなら、水分や油分をおぎない続け、毛髪補修効果の高い成分は重要です。

ケラチン、フラーレン、ヘマチン、コラーゲン、タンパク、スクワラン、セラミド、植物オイルなど


美容歴30年で使用してきたサロンシャンプー&トリートメントで、ケラチン、フラーレン、ヘマチンは、ヘアカラーのダメージを補修する効果があると感じています。

おすすめはケラチン、フラーレン、ヘマチンを配合した「アルピジョンシャンプーH」
とケラチン高配合、フラーレンの「TOKIOインカラミプラチナム」になります。

トリートメントにも重要成分が入っているので、シャンプー&トリートメントをセットで使用することで、効果が高くなります。

対処法5保湿力の高いヘアオイルを使用する

天然由来成分を配合したヘアオイルが有効です。 植物性ヘアオイルは使えば使うほど、うるおいを実感することができます。

アルガンオイル・ホホバオイル・ココナッツオイル・オリーブオイル・椿油などは酸化しにくく、保湿力が高いです。


シリコン入りヘアオイルは、コーティング力がありますが、時間が経つと乾きやすく持続力にかけるような感じがあります。(あくまで、わたしの肌感覚です。)

自然由来のヘアオイルはしっとり感とナチュラルなツヤがでます。くせ毛 ショートのヘアオイルの使い方ダメージケアおすすめ20選では、サロンで使用して潤いがつづくヘアオイルを紹介しています。


3・髪がパサつかない白髪染めとは?

白髪染めトリ―トメント、ヘアマニキュア、ヘナなどあります。簡単にメリット・デメリットを説明します。

白髪染めトリ―トメント

数回使っていくうちに髪を傷めず、だんだん白髪が染まるというものです。 トリ―トメント成分が配合されているのでダメージを軽減しますが、明るめのブラウンだとしっかりは染まりません。

黒に近いダークな色なら、根元まで しっかりと染めることができます。メーカーによっては、暗めでも白髪は染まりにくいこともあります。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、白髪染めのように 髪の中には浸透しません。ダメージはなくツヤと手触りがよくなります。

逆に、傷まないので黒髪は明るくならず、白髪にのみ色が付きます。カラーのセロファンを髪にのせる イメージです。

白髪 染めより染まりが うすく色落ちが早い(1か月以内)。汗で色が落ちる ので、夏には白っぽい服を着ないように注意が必要です。

ヘナカラー

植物由来成分で無添加のカラーといえばヘナ。植物由来なので、 ダメージがなくお肌に優しい染毛剤です。

ただ、白髪部分はオレンジっぽくなり、髪が硬くなります。色の選択しが少ないのが残念。 髪が細くてコシがない方にはいいと思います。

 ヘナは 粉末なので、お湯とまぜて使用しますが植物独特の匂いがします。

4・それでもダメならオーガニックの白髪染めにしてみよう

アルカリ剤をおさえ、自然由来成分を中心につくられた ヘアカラーのことです。

アルカリ剤の浸透が深くないので、ダメージが少なく済みます。オーガニックカラー美容院で白髪染めしてダメージレスな艶髪にで詳しく。

美容室のオーガニックカラーは、約90%以上が自然植物由来で、ツーンと臭い薬の匂いもほぼありません。

なにより、美しいツヤがでる、退色しにくい、髪のパサつきが抑えられます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Shinko (@chri.stina3885)

5・くせ毛と白染めでパサつく髪に5つの対処法:まとめ

くせ毛の白髪染めよるパサつきは、老けて見えます。できる限りのお手入れをしてください。

ツヤのある髪は、白髪を目立ちにくくするだけでなく、お肌をキレイに見せる効果もあります.


✅白髪染めの塗り方に気を付ける。

✅カラー剤の残留を取り除く。

✅シャンプーを見直す。

✅トリートメントで髪に潤いを。

✅保湿力の高いヘアオイルを使用する。


なにか、できることは見つかりましたか?あてはまっていたら、一つずつ改善してしてみてくださいね。参考になれば嬉しいです。