kami-blog

40代からのくせ毛の悩みに役立つブログ

くせ毛と傷んだ髪を救う!補修トリートメント完全ガイド

今回はくせ毛と傷んだ髪を改善するための手引きです。

失われた美髪を甦らせるために、ぜひご覧くださいね。

こんにちは、美容師歴30年で超くせ毛のShinです。

美しい髪を手に入れるための究極の秘訣が、この記事で明らかになります!

くせ毛や傷みに悩んでいる方々に捧げる、補修トリートメントの完全ガイド。

あなたの髪の悩みには、どの補修トリートメントが 最適かを知ることができるでしょう。

1 くせ毛と傷みの悩み

くせ毛特有の「ちぢれ」「広がり」「うねり」は、 人には分かってもらえない 長年の悩みかと思います。

具体的には、

湿気があると髪が膨らむ。

チリつき、ゴワつきなどがある。

広がってまとまらない。

艶がなく傷んで見える。


膨らんだ髪は、一見太くて硬そうなイメージですが、実はとってもデリケート。

直毛とくらべて傷みやすいのがくせ毛の髪質なんです。

2 くせ毛の原因

くせ毛になる原因には「先天的」「後天的」2つあります。

「先天的」なのは、両親や祖父母から受け継がれる遺伝です。

両親のうち、どちらかがくせ毛の場合でも、遺伝する確率は十分にあります。

「後天的」というのは、年齢を重ねた毛穴のゆがみです。

なぜ、ゆがみが起きるかというと、頭皮の老化により、 毛穴を引き締める弾力が弱くなるから。

頭皮のタルミは、 皮脂による毛穴のつまりやを起こしやすく、生えてくる髪も圧迫されます。

その結果さらにうねりを強くすることになるのです。

2-1 くせ毛がなぜ傷みやすい?

<img src=”drink.jpg” alt=”2-1 くせ毛がなぜ傷みやすい?”>


くせ毛の髪の構造は、直毛とは違い楕円形をしています。

それは、2種類の「コルテックス」というタンパク質の配列に、 偏りがあるからです。

この偏りが多いと髪表面のキューティクルの厚さも バラバラなので、キューティクルが薄い部分は ダメージしやすいということになります。

2-2 補修トリートメントの効果

補修には、髪内部と髪表面からのアプローチがあります。

内部補修トリートメントの目的は、 髪内部から流出した「タンパク質」を補い、髪のハリ・コシ・ツヤを 補充すること。

外部補修トリートメントは、 剥がれ落ちたキューティクルに被膜をつくり、キメの整ったサラサラな感触に改善していくこと。

3 補修トリートメントの役割

トリ―トメントの目的は、髪のダメージを改善していくためにあります。

内部補修では、髪内部に失われた「タンパク質」や水分を補い、 髪本来の健康な状態に近づけます。

外部補修では、髪表面を保護することで 外部刺激(ドライヤー、ヘアアイロン、紫外線など)からのダメージを 抑える役割があります。

4 補修効果の高い成分の選び方

ここでは、ダメージした髪を補修してくれる具体的な成分をご紹介します。

4-1 内部補修トリートメント

「ケラチン」

「加水分解ヒアルロン酸」

「加水分解コラーゲン」


髪内部のタンパク質を補修するのは「ケラチン」です。

「ケラチン」はアミノ酸が結合してできたタンパク質(=髪の成分) なので、「ケラチン」は必須成分になります。

アミノ酸系シャンプーというのがありますが、ケラチンの元となっている 成分が洗浄成分として、含まれているのでしっとりと指通りの良い 仕上りになります。

保湿効果をもたらすのは「加水分解ヒアルロン酸」「加水分解コラーゲン」です。

4-2 外部補修トリートメント

シリコーン

自然由来の植物オイル

シリコーン:ジメチコン、ジメチコノール

植物オイル:アルガンオイル、シアバター、ホホバオイルなど

この2つは、傷んだキューティクルに皮膜を作る大切な油分になります。

これらが補われることにより、指通りがしなやかになり、艶のある髪に導きます。

5 くせ毛向けの補修トリートメント

くせ毛がなぜ傷みやすいか?の理由に髪のタンパク質(=ケラチン)の配列に、 偏りがあるといいました。

タンパク質で髪内部を補修し、シリコーンや植物オイルなどの 脂質でしっかりとケアしてくれるトリ―トメントを厳選しました。

5-1 プロのおすすめ

くせ毛を伸ばしやすくし、潤いと髪の柔らかさを与えます。

シャンプーとトリ―トメントは、同じものを使用することで、効果を最大に 発揮できます。

セットで使うのがおすすめです。

ナプラ インプライム モイスチャー トリ―トメント ベータ 


枝毛・切れ毛・毛先の集中ダメージトリ―トメントでしっとりタイプ。

「シリコーン」「シアオイル」「アルガンオイル」「加水分解ケラチン」などを 配合。

重たくならない軽い仕上がりです。

ボリュームダウンしたくないくせ毛に おすすめ。

TOKIO インカラミプレミアム トリ―トメント


「ケラチン」といえばTOKIOシリーズというほど、美容業界では 有名なサロントリ―トメントシステム。

4種類の「ケラチン」が 強固な補修材となり、アイロンやコテによるハイダメージ毛を 弾力のある潤い髪に仕上げます。

くせ毛も伸ばしやすいトリ―トメントです。

アマトラクオ コラマスク


保湿効果に優れ、頭皮と髪をしっとり洗います。

ホホバオイルをはじめ 複数の植物オイル配合。

「ケラチン」を構成している アラニン、セリンなどの「アミノ酸」が10種類以上も 入っています。

しっとりしなやかな指通り、キューティクルが整い ツヤ感アップ。

傷んだ髪のための補修トリートメント

パーマやカラー、ヘアアイロンなどの傷みに対応した サロントリ―トメントをご紹介します。

6-1 ダメージ補修に特化したトリートメント

ディープレイヤー トリ―トメントG


圧倒的まとまり感とたっぷりの補修成分 「シリコーン」「加水分解ヒアルロン酸」「加水分解ケラチン」などを配合。

くせ毛やうねり、ヘアカラー、ブリーチ毛などのハイダメージに対応しています。

しっとり毛先までまとまります。

サロンのシステムトリ―トメントブランドの 商品です。

ナプラ ケアテクトHB カラートリートメントS


こちらは、ノンシリコンですが「加水分解ヒアルロン酸・コラーゲン」や 6種類のハーブ配合。

カラー後の髪と頭皮 をケアし、カラーの退色を防止。

弱酸性で低刺激、カラーで傷んだ髪を やさしく潤し、美しい髪色を維持します。

アルピジョン イオンヘア トリ―トメント


ミネラルイオン水を使用、従来の水の100倍の浸透力で、髪内部に 「ケラチン」を届けます。

毛髪補修成分を高配合しているので、 パーマ、ヘアカラーで扱いにくくなった髪をすばやく整え、髪全体を潤します。

髪肌のエイジングケアトリ―トメントです。

7 補修トリートメントの使い方

正しく使うとより、効率よく髪に浸透するのが、補修トリートメントです。

簡単な方法ですので、やってみてくださいね。

7-1 シャンプー後の使い方

  1. シャンプー後水分をやさしく絞る。

  2. トリ―トメントを地肌以外につける。

  3. コームで全体にとかす。

  4. 2~3分放置する。

  5. ぬるま湯で流して完了です。


1. 必ず、髪が濡れた状態で使用します。

理由は、シャンプー後の髪というのはマイナス(-)に 帯電しています。

トリ―トメントはプラス(+)なので、この(-)と(+) がくっつき合うことで、トリ―トメントの浸透がよくなります。

2. トリ―トメントは地肌に付いてしまうと、かゆみやべた付きの原因となりますので 注意しましょう。

3. トリ―トメントは髪全体に均一に馴染ませ、ダメージがひどい毛先などを 重点的に付けて下さい。

4. 時間を置くことにより、補修成分が髪内部に浸透し、 髪をケアすることが出来ます。

5. 最後に、ぬるま湯にするのは、熱いお湯だとトリ―トメントが 浸透しても流れやすいから。

ぬるま湯、または、冷水くらいの方が キューティクルが引き締まるので、成分が毛髪内にとどまりやすいです。

7-2 くせ毛と傷みへの同時アプローチ

補修成分が髪の内部に浸透し、更に、しっかりと補修するためのポイント があります。

トリ―トメントを塗布した後、シャワーキャップやホットタオルなどを 頭に巻いて、そのままお風呂に入ると、より効果的に浸透させることができます。

言い換えると、セルフのスチーマーのようなもの。

お金をかけずに「くせ毛&傷みケア」ができるんです。

8 まとめ

8-1 補修トリートメントのまとめ

いくつか、くせ毛の傷みの原因がありました。

あなたの髪の状態がどれに当てはまったでしょうか?

ダメージ補修に特化したトリートメントと、正しい使い方で、髪を生き返らせましょう。

8-2 くせ毛と傷んだ髪へのアドバイス

定期的なトリミング

ダメージのある髪を定期的にトリミングすることで、健康な髪が育ちやすくなります。

髪のダメージを放置すると、絡まりや擦れが原因で、より傷みやすくなるので、 毛先の傷みや切れ毛を重点的にカットすることが大切です。

栄養バランスの整った食事

髪の健康は食事からも影響を受けます。

特にタンパク質やビタミンを摂取することが重要です。

なぜなら、髪の毛はタンパク質でできているから。

タンパク質はビタミンと一緒に摂取すると吸収がよくなる といわれています。

髪がパサついて艶がない場合、栄養が偏っているかも 知れません。

栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。


関連記事:くせ毛やうねりが強い40代~50代ショート髪型とヘアケア「徹底解説」

                 :くせ毛傷んで硬くなる髪を柔らかくする6つの方法を美容師が解説

ここまで読んでいただきありがとうございました。