kami-blog

40代からのくせ毛の悩みに役立つブログ

50代髪型くせ毛でも大丈夫!大人のお洒落ウルフカット

くせ毛やうねりでお悩みの50代女性に、若見え印象を与えてくれる
ウルフカットをご紹介します。

「50代でウルフカットしていいの?」

「若作りしてるように見えない?」

と不安に思っている人もいるはず。

でも、大丈夫です。

髪質が薄くなったり、ボリュームがなくなる50代だからこそ、くせ毛を活かした大人のおしゃウルフがおすすめ。

女性らしいシルエットが自由自在に作れて、実はお手入れしやすい
髪型なんです。

では、美容師歴30年のわたくしShinがヘアスタイルとともに解説していきますね。

1 くせ毛50代にとってのウルフカットの魅力

歳を重ねて髪のボリュームがなくなったり、ツヤがなかったりと 50代の髪質はデリケート。

とくにくせ毛の場合は、髪の膨らみやうねりを 抑えるだけでも大変ではないでしょうか?

50代のくせ毛は、髪型によって印象が大きく変わります。例えば

若々しく見える。

オシャレに見える。

髪型に立体感がうまれる。

程よいボリューム感が与えられる。


若い頃とそう変わらない髪型をしていては、かえって老けて見えてしまいます。

だからこそ、 くせ毛の特性を生かし、動きのあるスタイリッシュな雰囲気をだせるのがウルフカットの魅力なんです。

2 ウルフカットの特徴

ウルフカットの特徴はくせ毛最大限にを活かせること。

レイヤー(段だん)が入るので動きあるスタイルに。

毛先のハネ感がスタイリッシュな雰囲気にみせる。

欲しい部分にボリュームがだせる。

髪型全体にレイヤーがあると見た目の印象に、動きや軽さが生まれます。

顔の輪郭にコンプレックスがある場合、 フェースラインを 引き締め効果があります。

また、 後頭部にボリュームを出して上品なイメージにすることも。

2-1 ウルフカットのベースとなる髪型

ウルフカットは、ボリューム感のあるレイヤースタイルがベースとなります。

髪に動きと立体感を与え、くせ毛を活かしたウエーブが柔らかいシルエット をつくります。

2-2 50代のくせ毛に合わせたアレンジポイント

毛量やクセの強さ、お顔立ちにもよりますが、50代のウルフはあまりクビレを 強調させないことです。

クビレは緩やかな方が、 上品で自然にに合わせることが出来るからです。

ウルフカットは、自然なウエーブやくせ毛を活かすことが出来るといいました。

丸顔や逆三角形などの顔立ちにアレンジが可能です。

ナチュラルなウルフカット:丸顔さん

<img src=”drink.jpg” alt=”50代のくせ毛に合わせたアレンジポイント”>


柔らかい毛先の動きが、作り込んでない自然なヘアスタイルにみせています。

ナチュラルウルフは、くびれをくっきり付けないことで、柔らかい 雰囲気がでます。

トップを長めにすることで、くせ毛やうねりを抑えやすくなりました。

ひし形シルエットで、顔をシャープに引き締める効果大!

スタイリッシュなウルフカット:逆三角顔さん

<img src=”drink.jpg” alt=”50代のくせ毛に合わせたアレンジポイント”>

トップとサイドにふんわりとボリュームのあるウルフです。

こちらは クビれをくっきり付けることで、丸みのある女性らしい雰囲気を

毛先は動きを持たせたメリハリのある髪型にしています。

毛量は普通だけども、うねりを活かしたウルフにしたい場合に適しています。

シャープなラインのウルフカット:ベース顔さん

<img src=”drink.jpg” alt=”50代のくせ毛に合わせたアレンジポイント”>


短い伸ばしかけの髪でもウルフにすればお手入れが楽です。

前髪を横にもってくることで、輪郭を柔らかく見せることが出来ます。

サイドの髪を長めにして、クールな大人の雰囲気に。

くせ毛で膨らむ、毛量の多い方におすすめです。

3 ウルフカットのお手入れ方法

レイヤーの入った髪型は シャンプー後のドライヤーのかけ方も、大切なお手入れの一つです。

雑にドライして生乾きだったりすると、寝ぐせが付きやすく、レイヤーの 入ったところがハネやすくなります

丁寧に根元から毛先まで、しっかりとドライしましょう。

3-1 くせ毛を生かすスタイリングのコツ

ウルフにはレイヤーが入っていることから、髪型全体に均一に ワックスをつけます。

  1. 手の平で温めながらワックスをのばします。

  2. 髪の内側、外側、毛先までムラなくつけて。

  3. 指で揉みこみ毛束をつくります。

  4. くせ付けできたら完成です。

ワックスにムラができないように、髪全体を触って確かめてください。

上手くカットさえしてあれば、ワックスを揉みこむだけで毛束感はでるはずです。

3-2 くせ毛が伸びやすくなるシャンプートリートメント

くせ毛のウルフカットのお手入れを楽にするには、 その特性に合ったシャンプーやトリ―トメントを 選ぶことが重要です。

くせ毛というのは、髪表面は乾燥しやすく、内部はタンパク質が 不足しがちです

だから、【保湿✖補修】に特化した「ケラチン」配合のシャンプートリ―トメントが合います

それが、TOKIOインカラミプラチナムシャンプートリ―トメントです。

髪の毛の約70%を構成する「ケラチン」をふんだんに配合。

一般的なシャンプーは洗うことに特化しており、保湿効果が少ないのに対し

インカラミは、洗うだけで「ケラチン」を補修できるケアシャンプーです。

ご興味がありましたらご覧ください。

今までとは違う髪質が手に入るかも知れません。

TOKIOインカラミプラチナム美容師レビュー

4 くせ毛におすすめのバームワックス

くせ毛の広がりやパサつきを抑え、ウルフカットに動きを 与えてくれるワックスおすすめが「プロダクトワックス」。

保湿力が高く、くせ毛や剛毛、ダメージ毛のまとまりを 解消してくれるバームワックス。

自然由来の原料でお肌にやさしい。

バームワックスの中でも、ツヤ感とおさまりの良さに優れています。

手に取ったときは、ベタつくのでは?と思いきや、髪につけるとサラサラに潤います。

シアバター:高い保湿力

アロエベラ:水分補給でツヤと潤い

ミツロウ:ゴワつく髪を柔らかく

ビタミンE:高い抗酸化力で老化を防止


50代のくせ毛のダメージをしっとりと潤します。


使用感はこちらの記事からみられます。 人気のプロダクトヘアワックスを美容師がレビュー!バームの使い方

:まとめ

ウルフカットで楽しむ50代のくせ毛について解説してきました。

ワックスやヘアケアアイテムを上手に使って、ウルフカットの 魅力を引き出し、もっともっとオシャレを楽しんでくださいね。

【関連記事】
「くせ毛やうねりが強い40代~50代ショート髪型とヘアケア【徹底解説】」

40代から50代のくせ毛といっても、さまざまな髪質があります。

そんなくせ毛の悩み別におすすめの髪型や、くせ毛のお手入れに役立つ内容を解説しました。