kami-blog

くせ毛のエイジングケアを追求するくせ毛美容師のブログ

パーマで傷んだ髪って修復できるの?傷んだ時の対処法

んぐんぐ<img src=”drink.jpg” alt=”パーマで傷んだ髪って修復できるの?傷んだ時の対処法”>

パーマで髪が傷んでしまうと、もと通りするのはかなり難しいです。パーマはウエーブをかけるのと引き換えに「タンパク質」という栄養を髪から奪ってしまいます。

結論からいうと、少しでも早い回復のためには、できれば、いったん毛先をカットしてから、ヘアケア剤が浸透しやすい状態にすることです。

傷んだ髪をどうしたらいいのか?「どんな トリ―トメントをしても効果がない!」場合、パーマで傷んだまま放置することなんです。

この記事を書いている私は、美容歴30年の美容師です。いままで10万人以上のお客様を担当させていただいております。

多店でのパーマのダメージにより、ご来店されたお客様の髪質の回復を多数見てきたので、わりとリアルに伝えられると思います。


髪の毛は、お肌と違って「新陳代謝」がないので、適切なケアが必要になります。

1・パーマで髪が傷む原因は?

<img src=”drink.jpg” alt=”1・パーマで髪が傷む原因は?”>

1ー1・美容室でのパーマのかかり過ぎ

パーマの1剤の中には浸透をよくするため 【アルカリ剤】が入っていています。

次は2剤で、 髪を【酸性】にもどしながらカールを形状記憶させています。このとき、しっかりと酸性にもどしてあげる処理が不十分だと、髪の毛に薬剤が残留します。匂いも残ります。


髪の毛に残った薬剤は、シャンプーしても落ちないので、髪の成分「タンパク質」 が日に日に流れ出し、やがて乾燥やパサつきが起こりダメージしていきます。

もう一つは、弱い髪に対して、必要以上に強い薬を選んた場合。放置時間が長すぎたとき。(美容師のミス)

1-2・カラ―や縮毛矯正をしているのにパーマをかけた場合

カラ―はハイトーンの「ブリーチ」を指します。「ブリーチ」した髪は 髪の栄養(タンパク質)をけずって、色を脱色しているようなもの。よほど強い髪でない限り、ブリーチした栄養のない髪の毛にはパーマはかかりません。


縮毛矯正についても、見た目は真っ直ぐでしっかりした髪に見えるのですが、栄養(タンパク質)を失った髪にパーマをかけると、トウモロコシの毛みたいに ちぢれてしまいます!

1-3・パーマした髪を洗う頻度が多い

<img src=”drink.jpg” alt=”1-3・パーマした髪を洗う頻度が多い”>

「シャンプーしすぎで頭皮を傷つけてませんか?」 髪の毛の洗い過ぎは「乾燥」の原因になります。髪の毛のうるおいやツヤ感は、頭皮の皮脂量が 関係しています。

シャンプーしてから24時間以上たたないうちに、つぎのシャンプーをしてしまうと皮脂量が回復しないまま、毛先の方までツヤが行き渡らずにパサパサになります。とくに、パーマをかけたあとの髪は キューティクルが傷つきやすい状態です。

2・パーマをかけて痛んだ時の対処法

パーマをかけたあと傷んでしまったら、どうしていいかわからず、スタイリングも 上手くいかなくて困ってしまいますよね!

そんな時はそのままにしておかずに、 適切なダメージケアで対処しましょう。おすすめ順に紹介しています。

2-1・保湿効果のあるダメージ専用トリ―トメントを使う

なんとなく選んだトリ―トメントだけで、やみくもにお手入れしていても、それほど 効果を得ることはできません。

正しいダメージの対処法は、失われた油分「脂質CMC」を髪につけてからトリ―トメントを使うことです。トリートメントのブースターになります。これをすることで得られやすい効果は以下。

  • トリ―トメントの浸透をよくする「CMC」効果。
  • まとまり潤いがハッキリでる。
  • シリコンではないのにツヤがいい。
  • キューティクル補修効果を持つ。
  • 髪の強度回復効果あり。

本格的な補修ケアをまいにちやって、初めて効果が実感できるかと思います。これだけの機能を持つのがこちらの「リードオイル」。スプレー容器に水と半々にいれ、トリートメントの前につけてください。とぅるとぅるになります。

2ー2・髪の毛に水分と油分を浸透させる

パーマでダメージした髪への潤いをさらに良いコンディションにするのは「洗い流さないトリ―トメント」「ヘアオイル」ダブルのケア。

【STEP1】
シャンプー後、洗い流さないトリ―トメントで、髪をしっとりさせます。

【STEP2】
ドライヤーで髪をドライして、仕上げに足りていない油分を保湿効果の高いヘアオイル で補います。

お肌にコラーゲンやヒアルロン酸が必要なように、髪の毛にも潤いが必要です。年齢と髪質に合わせたものを選ぶことをおすすめします。

2-3・髪の毛の傷みを改善に導くアイテム

【炭酸シャンプー】
ダメージした髪には、パーマの薬剤の残留が残っています。これを取り除かないまま トリ―トメントだけやっても効果が得られない。

そこで、シャンプーでは落ちない 薬剤の残留をしっかり取り除いて、髪の手触りを良くする炭酸シャンプーがおすすめ!週に1回使用すれは、地肌もスッキリ落、薬の残留を除去します。とくに高炭酸濃度の炭酸シャンプーがおすすめ。



【シャワーヘッドを変える 】
水道水に含まれる塩素やトリハロメタンなどは、髪の水分や油分を取る性質 を持っています。毎日シャンプーをしていると傷んだ髪をさらに悪化させてしまいます。

シャワーヘッドを交換するだけで、洗浄力と保湿力が変わりますので、髪質改善にもなりますし、肌荒れに悩む方にも安心です。

3・パーマをかけることで得られるメリット

<img src=”drink.jpg” alt=”3・パーマをかけることで得られるメリット”>


ヘアスタイルにボリュームを出したり、無造作な動きを出したり、可愛いカール が作れることです。

ストレートな髪質のくせ付け簡単にできるので朝のセットが時短になります。とくに、ヘアアイロンを使うのが 苦手な方にはパーマがおすすめです。

4・パーマのデメリットはあるのか?

やはり、髪の傷みの心配や見た目にツヤがなくなったりしやすいことです。でも【パーマ=ダメージ】ではありません!美容師の薬剤の選び方と正しいテクニック、プレケア&アフターケアで、傷みを最小限に抑えることはできます。

パーマが得意な美容師さんに担当してもらえるように、いってみたい美容室のホームページでヘアスタイルをチェックすることをお忘れなく。

すでに髪が傷んでいる場合、カットしてからパーマをかけるか?しばらく、髪を休ませましょう。ブリーチをしている場合はパーマはNG!です。デメリットしかありません。

5・次回にパーマをかけるベストなタイミングはいつ?

ダメージがほぼ無ければ、パーマが落ちてくるタイミング(2か月くらい)で かけても大丈夫です。

前回のパーマがまだ残っていれば、2か月後かける必要は ないので、残っているカールを活かすカットをしてもらいましょう。

長さを変えず、 ボリュームの調整さえすれば、パーマが復活したように見える髪型も可能ですよ!

パーマで傷んだ髪って修復できるの?傷んだ時の対処法:まとめ

最終的には美容師の腕にかかっていますが、すでに傷んでしまった場合の対処法を解説しました。パーマやカラーなどの薬剤をつかう施術は、信頼できる美容室でやってもらう方が安心です。

信頼できる美容師さんが見つかっていない方はお友達の紹介、または、やってみたい髪型をインスタグラムに多数アップしている美容師さんを探すのもいいかも知れません。